在宅勤務の夫との過ごし方を考察する。会社より快適に働いて欲しいから。

スポンサーリンク

私の夫は在宅勤務をするサラリーマンです。

正確には、週に4日は自宅で仕事、1日は会社で仕事をするというちょっと変わった勤務体制をとっています。

夫が毎日家にいるというのは、息苦しさやストレスを感じるのでは?と思う方も多いかと思います。

実際、私も結婚する前はそう思っていました・・!

同じ空間にずっと一緒にいる訳ですから、お互いストレスを感じないようにするには、考え方や行動など工夫が必要だと思います。

そしてどうせなら会社より快適に仕事してほしい!

今回は私たち夫婦が実践してるルールを紹介し、在宅勤務の夫との過ごし方を考察してみます。同じような環境にあるご夫婦の参考になれば幸いです

私たち夫婦が実践してる5つのルール

以下、簡単ですが紹介します。

朝、今日のスケジュールを簡単に話そう

会社でもやりますよね。朝のミーティング
朝食を食べながら今日はどんなことをするのか、簡単に話し合っておくといいです。
例えば私の場合「今日は午前中洗濯して、午後は買い物に行くよ。余った時間はブログでも書こうかな。」みたいな感じで話します。
私が話すと、夫も今日の仕事内容について簡単に教えてくれます。どんな仕事をするからどのくらい忙しいのか、だいたい何時頃に終われそうなのか、ご飯は何時頃にするか、この時間に聞いておきましょう。

仕事中は極力話しかけない

我が家は1LDKなので、いつも夫は寝室で仕事、私はリビングで家事やブログを書いたりしています。
場所は自宅ですが、夫にとっては職場でもあります。会社で仕事中に無駄に話しかけられると迷惑ですよね。相手は夫といえども、仕事中は気軽に話しかけないようにしています。
どうしても話しかけないといけない状況になった場合は「お仕事中ごめんね」「今大丈夫?」など前置きをしてから話します。
会社で同僚に話しかける場合など「お仕事中失礼します」など言いますよね。あれと同じです。貴重な時間をもらうことへの配慮が大事かなと思います。

お昼ご飯の時や休憩時間はコミュニケーションを!

二人でお昼を食べる時間や休憩時間はメリハリをつけて、思いっきりスキンシップをしたり、テレビを見て会話をしたり、楽しい時間を過ごしています。肩を揉んであげたり、マッサージしてあげるのも良いでしょう。これによって私も気持ちを入れ替えて、楽しく家事をすることができます。二人とも家で黙々と作業していると少しピリピリとした雰囲気になりがちなので、コミュニケーションの時間は大切にしています。

お互いの作業空間に配慮する

音楽などを聞く場合は、夫も私もヘッドフォンやイヤホンをするようにしています。お互いの作業空間を邪魔しないように思いやることが大事かと思います。
会社で働いてる時と同じです。周りで働く人に迷惑にならないよう、配慮しましょう。

なにより感謝を忘れないこと

会社に出社していても、在宅で仕事をしていても、家庭のために働いてくれているという事実は変わりません。妻がやっている家事ももちろんそうです。お互いそのことへの感謝は常に持つようにしています。
また夫が在宅勤務を希望した背景を考えてみます。メリットはたくさんありますが『家族と一緒にいる時間を大切にしたい』という理由もあったと思います。
人生は長いようで短いです。その中で家族と一緒に過ごせる時間は何時間あるでしょうか。仕事の時間も同じ空間に居れるなんてありがたいことだなと思っています。

これからの時代、在宅勤務の会社員が増えるかもしれない

大企業でも在宅勤務を取り入れているところがあると聞きます。
妻は夫が頑張って仕事に打ち込んでいる姿を見ることができるし、夫は妻が日々家事を一生懸命やっている姿を間近で見ることができます。在宅勤務という働き方は、夫婦双方にとってもいい働き方かなと思っています。
夫が近くで仕事をしているので、私もメリハリよく計画的に家事やブログを書くなど作業ができているように感じます。
ただずっと一緒にいるということは、それだけ相手に配慮することが必要となってきます。でも難しいことではないです。相手への感謝の気持ちがあれば自然とできるかなと思います。
それぞれの夫婦で最適な方法は異なると思いますが、少しでも参考になれば嬉しいです。