医療事務で実際に働いてみて感じたメリット・デメリット。志望動機や働くうえで大切なことなど。

スポンサーリンク

私が大学を卒業し、最初に就職したのは街の小さな個人クリニックでした。

そこで医療事務員として働いていました。

当時よくCMで資格の紹介を見ていた影響もあり、最初は「働きやすそう!」「安定してそう!」なんて思って初めてみたのですが・・メリット以上に大変なことも多い職業でした。。

今回は私が経験から感じた医療事務のメリット、デメリットや、働くうえで大切だと思ったことなどをなるべく具体的にまとめてみます。

医療事務に興味のある方、これから働くよ!って方の参考になれば嬉しいです。

そもそも医療事務って何するの?

病院に行くと窓口で保険証を出しますよね。

その時受け取ってくれる女性が医療事務員の方です。彼女たちはナースではありません。

受付に座っているだけなので、一見華やかで楽そうに見えますが、やることは多岐に渡っています。

以下、簡単に説明します。

レセプト(診療報酬明細書)作成業務

レセプトとは『診療報酬明細書』のことをいいます。診察代などの医療費を役所等に請求するための書類のことです。

病院で保険証を提示すると私たちが支払う医療費は3割だったり2割だったりすると思います。残りの医療費は私たちが加入している組合や市区町村などに払ってもらうことになります。これを払ってもらうことで病院の収入になるので、重要なものです。一般企業でいう経理と同じような業務ですね。

その請求をするために事務的な処理を行うのが医療事務の仕事です。多少の知識は必要ですが、私の働いていた病院ではややこしい計算などほとんどパソコンの専用ソフトがやってくれていました。なので昔よりはだいぶ楽になったんじゃないかな。

患者さんの受付、会計

患者さんが来たら保険証をもらい、確認しながら専用のソフトに入力します。その後カルテを作成し、先生に呼ばれたら診察室へ案内します。また診察が終われば患者さんの医療費を計算し(パソコンがやってくれます)会計を行います。

この辺の業務は病院によって手順は様々です。しかし共通して言えるのは受付や会計の処理を迅速に、正確に行わないと「待ち時間が長い!」などとクレームに繋がるので、テキパキこなす必要があります。

その反面、体調の悪い方やご高齢の方が多いので、なるべく穏やかに、柔軟な対応が求められます。病院に行った時、受付の方が冷たくて嫌な思いを経験したこと、一度はあるんじゃないでしょうか。受付の対応次第で患者さんの足が遠のくことも考えられます。

顔は笑顔で、手元はスピーディーに。接客業全般に求められるスキルかもしれないですね。。私にはこれが無理でしたorz

その他、電話対応や庶務業務など

ここも病院によって様々ですが、電話の取り次ぎや患者さんの予約、病院までの道案内などの問い合わせ対応は医療事務員がやることが多いと思います。私の場合先生のお昼を買ってくるなどの謎の業務もありました。その他、郵便物の仕分けや掃除、片付けなどといった庶務業務も行っていました。

私の働いていた病院は個人の小さなクリニックでしたか、規模の大きな病院になると、この他に入院・退院に関連する業務があると思います。

働いてみて感じた、医療事務のメリット・デメリット

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

私が個人クリニックで医療事務をやってみて感じた、メリット・デメリットを簡単にまとめてみます。

メリット①求人数が多い。

大学病院から個人クリニックまで病院は全国どこにでもあるので、正社員・派遣・パートなど働き方にこだわりがないのであれば、求人数は多いと思います。また、病院の医療事務とは仕事内容が異なりますが、調剤薬局で働く調剤薬局事務なんていう仕事もあります。(私も少しやってました)

求人の中には「未経験可」としているところもありますし、運が良ければ近所の病院が募集している場合もあるでしょう。私も近所の病院でタイミング良く求人が見つかって、自転車で10分かからない場所で働けたこともあります。どこでも転職しやすいのは最大のメリットかなと思います。

メリット②経験があれば、いくつになっても働ける。

病院の考え方にもよると思いますが、小さな個人クリニックなどは、未経験の若い人より経験が豊富で患者さんへの対応に慣れている方を採用することが多いんじゃないかと思います。(私の働いていたクリニックはそうでした)

経験があれば年を重ねても働きやすい職種かと思います。

デメリット①給料が低め。

ここからデメリットです。医療事務の仕事はそこまで給料が高くありません。一般事務と同じか、少し少ないくらいだと思います。私が正社員として働いていたクリニックの給料は、手取りで16万に届かない程度でした。数字だけ見ると良さそうですが、ボーナスは無く厚生年金も加入できなかったので、条件はあまり良い方ではなかったかなと思います。。

デメリット②休みがとりにくい。

これも病院によってさまざまだと思いますが、私の働いていたクリニックは規模が小さかったこともあり、最低限の人数(常勤2人)で仕事をしていたので、「何があっても休めない」というプレッシャーがありました。

その病院に何人くらい医療事務員がいるのか?っていうのはよく確認しておいた方があとで後悔しないかなと思います。。

志望動機に書いたことは?

私の働いていたクリニックは、地域住民の健康維持を目的とした「地域医療」に熱心な病院でした。私の地元でもあり、愛着のある土地にある病院でもあったので、私もこの病院で医療事務のプロとして、地域医療に貢献したい・・というようなことを書きました。

自分の言葉で正直に書くのが一番伝わると思いますが、考えがまとまらず迷ってしまった時には、その病院がどんなことを大切に考えているのか調べ、その内容を自分の過去の経験や思いなどと関連付けて書くとまとまりやすいかなと思います。

医療事務の資格は役に立った?

私は大学2年生の時に医療事務の資格をとりました。

医療事務の仕事は資格を持っていなくてもできる仕事ですが、「未経験でも医療事務として働きたい!」という姿勢を見せる意味では効果があったと思います。

また、実務に関してもまったく知らない状態からのスタートではないので、心に余裕を持つことができました。中でも特に役に立ったのは電話対応の時です。「レセプト」とか「返戻」とか聞きなれない言葉が会話の中に出てきても、資格の勉強をしていたおかげでパニックになることなく落ち着いて対応することができました。

分からないことが起きるとすぐに焦ってしまうタイプなので、先に医療事務の勉強をしておいてよかったです。

>>【経験談】医療事務の資格を通学で取得したメリット・デメリット。通信とどっちがおすすめ?など。

医療事務として働くうえで大切なこと5つ!

b937a3355f518b9b72600201ee7cbb12_s

実際に私が医療事務員として働いてみて分かった、「医療事務として働くうえで大切なこと」を自分なりに考えてみました。これができればどんな病院でも生きていけるんじゃないかなと思っています。

患者さんのことを覚えよう

事務仕事なんかは毎日やっているうちにすぐ慣れてしまうと思います。その辺はそんなに心配しなくても大丈夫です。
もっと重要なのは、患者さんの顔と名前を少しでも早く覚えること。大きな病院でも小さな病院でも、何回も通院される方っていると思います。

「◯◯さん、こんにちは。」病院のドアを開けて、こんな風に声をかけてもらえたら嬉しいですよね。医療事務は病院の顔です。親しまれることが大切。積極的に笑顔で名前を呼んであげましょう。

「お大事にどうぞ」のあとに一言添える

患者さんがお会計を終えたあと「お大事にどうぞ」と声をかけると思います。余裕があれば、そのあとに思いやりの一言を添えてみましょう。

例えば「雨が降っているので、お足元に気を付けてお帰りくださいね」とか「いつも時間通りに来てくださって助かります」などです。親しい間柄の患者さんに対しては「今日のお洋服素敵ですね〜とってもお似合いです」などフランクに声をかけるのもいいでしょう。

患者さんの人柄や自分との距離感でかける言葉を工夫することが必要ですが、誰でも人からの気遣いは嬉しいものです。積極的に声をかけてみましょう。

何かしてもらったら、何度も感謝の言葉を

上に書いたように、挨拶や声かけを行うことで、だんだんと患者さんと親しくなってくると、お菓子などをくれたり、街で会った時に挨拶をしてもらう機会などが増えると思います。

そういう時は来院されるたびに「あの時はおいしいお菓子をありがとうございました」「あの日声を掛けていただけて嬉しかったです。顔を覚えていただけて光栄です」など感謝の言葉を伝えましょう。

これは一緒に働いている同僚にも同様に行うといいです。してもらったことを忘れないようにしましょう。

同僚の陰口・悪口は絶対言わない

仕事中大切なことではありませんが、仕事を円滑に回すためにはもっとも重要だと思います。医療事務の世界は分かりやすい女社会です。休憩室などでは同僚の陰口・悪口を聞く場面もあると思います。(私は何回もありました・・!)

ただ、自分だけは絶対言わないでください。どこから漏れるか分からないし、口に出してしまうことで思っていなくてもそんな風に感じるようになってしまいます。言葉の力はすごいです。これは医療事務に限らずどんな仕事でも言えることですね。

同僚の良いところは積極的に褒める

同僚に何かしてもらって助かったこと、あの人のこんなところ尊敬できるな〜などあったら、積極的に褒めましょう。女性の多い職場全般で言えることですが、褒めることって重要です。これで大抵の人間関係は良くなるように思います。

褒められて嫌な気持ちになる人はいないはずです。悪いところより良いところに目を向ける努力をしましょう。

最後に・・

色々と偉そうに書いてみましたが、私は医療事務の世界から転職してしまった身ですorz

医療事務って思ってたより断然接客業の面が強いんですよね。コミュニケーション能力の他に臨機応変さも求められる、難しい専門職です。。人見知りの私にはなかなか辛いものがありました。。

しかし、人見知りで会話が苦手な私でも、上に書いた5つの大切なことを常に頭に入れておくことで、なんとか患者さんにも親しまれ、同僚にも頼られる医療事務員としてやっていけてたのも事実です。

大変なことも多いですが、患者さんに感謝されることも多く、やりがいは確かにある仕事だと思います。

医療事務のやりがいって何?実際に働いてみた経験から思ったこと。なるべく具体的に書いてみました。

偉そうに色々書きましたが、少しでも参考になれば嬉しいです。

自分にぴったりの仕事、探してみませんか?

「自分にはどんな仕事が向いているんだろう?」って悩むことありますよね。。

CMでおなじみのユーキャンでは、心理学を使ってあなたにぴったりの講座を見つけるユーキャンのぴったり講座診断を受けることができます。

質問は全部で30問。私もやってみましたが意外な職業の講座が出てきて驚きましたw性格診断なんかもしてもらるので、心理テストみたいで面白かったです。

自分に合った講座を教えてくれるので「就職に役立つ資格が欲しいけど、何を選べばいいか分からない・・」なんていう方にもおすすめです!無料なので気軽に診断してみてください。

また、ユーキャンには今回記事の中で紹介した「医療事務」の講座が自宅で受験できる講座もあります。

通信講座なので、お子さんがいらっしゃる方や忙しい方でも自宅で自分のペースで進められます。しかも、資格試験はテキストを見ながらでOK!暗記などする必要はありません。勉強は苦手なのですが、これなら私も取れそうな気がします・・!

資料請求は無料ですので、興味のある講座があればお気軽に資料請求してみてください。

>>ユーキャンの医療事務講座

「医療事務で実際に働いてみて感じたメリット・デメリット。志望動機や働くうえで大切なことなど。」への9件のフィードバック

コメントは停止中です。