【調査】カモガヤ花粉症にもヨーグルトは効くの?一ヶ月ほど夫で実験してみようと思う。

スポンサーリンク

カモガヤ花粉症の我が家の夫。毎年この時期はしきりに「鼻がムズムズする〜」と嘆いています。

カモガヤとは、イネ科の植物の一種で、公園や空き地や河原など、どこにでも生えている雑草です。

誰でも一度は見たことがあるはず。私は小さい頃おままごとでお米に見立てて遊んでいました。

スギ花粉が終わった頃の5月〜8月頃に花を咲かせるため、ちょうど今頃から花粉が飛び始めます。

ふーむ。今年こそどうにかしてあげられないものか・・。

そんな時にふと聞いた、花粉症にヨーグルトが効く!という情報。

今回はカモガヤ花粉症に苦しむ夫のため、花粉症とヨーグルトに関する情報を調査してまとめてみます。

同じようにカモガヤに苦しまされている方の参考になれば嬉しいです。

なんで花粉症にヨーグルトがいいの?

ポイントは乳酸菌の力

鼻がムズムズする!目が痒い!などといった花粉症のつらい症状の原因は、体の中にある免疫システムが花粉など外から侵入した異物を取り除こうと過剰に反応してしまうことにより引き起こされます。

この免疫システムの異常は免疫細胞のバランスが崩れることにより起こりますが、その免疫細胞は70〜80%が腸内にあるとのこと。

つまり、ヨーグルトに豊富に含まれている乳酸菌を摂取し、腸内環境を整えることで、免疫システムの異常を抑えることのできる体質になることが、花粉症の症状を緩和させる近道かもしれない、というわけです。

すぐに効果が出るものではない

あくまでも「体質の改善」により症状が緩和することを期待するものなので、即効性がある方法ではなさそうです。本来は花粉シーズンが始まる前から毎日継続して食べていくことが必要であり、少なくても一ヶ月以上は食べ続けることが重要とのこと。

どんなヨーグルトでもいいの?

花粉症対策には砂糖の入っていないヨーグルトの方が良いとされています。砂糖は腸内で悪玉菌を増やし、腸内環境を乱すことがあるそうです。

しかし、どうしても甘くしたいのであれば蜂蜜はオッケーとのこと。よかった。

気になった乳酸菌4つ

乳酸菌にも様々な種類があり、花粉症に効果のある乳酸菌も複数あるようですが、私が気になったのは『LGG菌』『L-92乳酸菌』『KW乳酸菌』『BB536』の4つです。

なんとこれらの乳酸菌、花粉症だけでなくアトピー性皮膚炎の症状を緩和させる効果も高いようです。この時期アトピーに悩まされる私にとっても朗報でした。

以下、それぞれの乳酸菌が入った代表的な商品を紹介します。

☆タカナシ「ヨーグルト おなかへGG!」

タカナシ「ヨーグルト おなかへGG!」100g
価格:2403円(税込、送料無料)

☆アサヒ飲料 カルピス 「守る働く乳酸菌 L-92」

☆小岩井「プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス」

☆森永「ビヒダスヨーグルトBB536」

これスーパーでよく見ますね!個人的にヨーグルトの中で一番好きな味です。ビヒダス。

これから一ヶ月夫婦で毎日ヨーグルト生活してみるよ

夫のカモガヤ花粉症の期間はまだまだあります。ヨーグルトを食べるだけで症状が緩和できるのか、ちょっと実験して、またまとめます。

私のアトピーの症状も緩和されるかもしれないということなので、私も一緒に食べてみようかな。

また一ヶ月後にご報告します!
2016/6/12に検証結果をアップしました!

参考サイト様