【口コミ】山梨おすすめ観光コース!車無し夫婦が山梨旅行で富士山を満喫してきたよ【秀峰閣 湖月・大石公園・富士登山線】

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

7月の最初の週末、初めての結婚記念日をお祝いする旅行に行ってきました。我が家には車がないので、公共交通機関を利用しての長い旅です。

もう一ヶ月も前から「晴れてくれー!」とてるてる坊主を作るなどしたおかげか、当日はすっきり晴れとはいかないまでも、うっすら曇りのち晴れくらいのちょうど良いお天気で、夫婦二人「嬉しいね〜」と少し小躍りしてから出発しました。

最初の目的地「甲府駅」に到着。

中央本線に揺られること2時間弱。甲府駅に到着しました。

その日はアンパンマンショーがやってたみたいで、お子さん連れのファミリーが多かった印象。アンパンマンは今も昔も人気なんですね。

甲州夢小路で信玄餅パフェを食べる。

甲州夢小路は甲府駅北口を出てすぐのとこにある施設です。

DSC_0093

石畳や古民家などを利用し、おしゃれでモダンな雰囲気が漂っています。山梨県の伝統工芸品を扱うショップや、カフェ、山梨県の食材を使ったレストランなどが集まっています。

DSC_0102

気になったのは「和カフェ黒蜜庵きなこ亭」信玄餅パフェ。

IDSC_0135

バニラアイスのパフェに信玄餅が乗っていて、ひきたてのきなことあま〜い黒蜜がかかっています。

IDSC_0137

夫は黒蜜のかき氷を食べていました。これにも信玄餅が乗ってましたね。きなこの風味と黒蜜のおしとやかな甘さが絶妙でおいしかったです。「家帰ってからまた食べたくなるんだろうな〜」なんて笑ってました。でも2人で1個でよかったかもね。ちょっと多かったかな。

DSC_0116

他にも天然石のアクセサリーを扱う「玉屋」さんなど、魅力的なお店がたくさん並んでいました。

DSC_0122

玉屋さんの前にあったカラフルな石。極彩色モードで撮ったら綺麗に撮れた。

山梨に来たからにはほうとうが食べたい!!と思っていたんですけど、時間が早かったせいか、お店が開いてなかったのが残念でした。甲州夢小路のレストランは午前11時か11時半に開くお店が多いので、注意です。

なにはともあれ、甲州夢小路はおしゃれで素敵な施設でした。いろんな意味で山梨を感じられる空間なので、甲府に来た際はぜひ!

次の目的地、宿のある河口湖駅へ。

中央本線で大月まで戻り、富士急行線に乗り換えお宿のある河口湖駅へ向かいます。

乗ってるだけでも楽しい、富士急行線。

大月から河口湖駅までのおよそ1時間、「富士山に一番近い鉄道」である富士急行線に乗りました。

DSC_0182

車内はいろいろと富士山仕様になっています。

DSC_0183

電車が富士山の前にさしかかると、車掌さんが車内アナウンスで教えてくれます。富士山の山開きの翌日だったので、車内には外国人の観光客が多かったですね。

河口湖駅到着。本日のお宿「秀峰閣 湖月」へ向かいます。

河口湖駅はもはや日本であることを忘れるくらい、外国人が多かったです。9割は外国の方でしたね。ふむ。

さてさて本日のお宿、秀峰閣 湖月さんへ向かいます。電話すると送迎バスで迎えに来てくれました。車無し夫婦にはとってもありがたい。

秀峰閣 湖月さんに到着。部屋から見える絶景にびびる。

お宿に到着。フロントのスタッフさんに優しく迎えていただき、いざお部屋へ。

DSC_0201

どどーん!と出迎えてくれたのは真っ青な富士山。そのふもとには河口湖。ひゃ〜!って声に出しちゃうくらいの絶景に、夫婦二人とも感激しました。

DSC_0295

お部屋は純和風。広々としています。

DSC_0311

テラスには足湯も付いてました。豪華か。

DSC_0269

フロントの横にあるラウンジを抜けると、これまた景色の良い中庭がありました。松の間から見える富士山。なんか絵葉書みたいな景色だねーなんて二人で話しながらのんびりお散歩。

DSC_0208

ひっそり咲いたラベンダーが綺麗。

DSC_0254

中庭から降りると河口湖がすぐそこに。水辺で少し涼んでいました。

DSC_0262

突然目の前にカモの親子が。なにしてるのかな?

お散歩が終わり、夕飯までにお腹を空かせようと大浴場で温泉につかったりもしました。「じゃあ20分後に出口で待ち合わせね」と時間を決めてそれぞれ男湯と女湯へ。こういう時いつも私が先に出てきます。なんか一人で温泉入ると落ち着かなくてすぐに出てきてしまうんですよね。

温泉から出ると仲居さんがビールと冷たいお水を用意してくれました。お水だけでなくビールも飲み放題らしいです。すげえ。

夕食のおいしさと仲居さんの心遣いに感激。

部屋に戻るとちょうど夕食の時間になっていました。夕飯はお部屋食。仲居さんの心遣いで二人横並びで富士山を見ながら食べれるようにセッティングしていただきました。こういう細かい思いやりが嬉しかったな〜。

夕食は味も見た目も洗練された、丁寧なお料理ばかりでした。

DSC_0387

結婚記念日ということで、売店でシャンパンを買いました。キンキンに冷えてる。

DSC_0397

さっそく乾杯!さて、食べるぞ飲むぞ〜!

DSC_0368

これは食前酒です。あんず酒の中にうさぎちゃんがぽつり。月にいるうさぎをあらわしているのかな?かわいい。

DSC_0372

前菜のトマトとズッキーニ。魚の形に包丁が入れられていました。夫はこれが特にお気に入りだったみたいです。

DSC_0378

これはワイン豚のお肉です。ワインを飲ませて育てた豚だからワイン豚というらしい。希少価値が高く、年間100頭程度しか生産されないんだとか。

DSC_0416

しゃぶしゃぶにしていただきます。うーん、言われてみれば普通の豚肉より柔らかいような?獣臭さは一切なかったです。食べやすい。

DSC_0403

新鮮な川や海の幸が楽しめるお刺身。川魚のお刺身はなんとなく食わず嫌いをしていましたが、問題なく食べれました。そんなこと言ってよそで食べたら後悔するんだろうけど。新鮮だからおいしいんだよね。

DSC_0429

別で頼んだ馬刺しも美味でした。白いやつはタテガミ?というらしいです。コリコリしててお酒に合うお味。

DSC_0470

ちょうど富士山の山開きを記念した花火をやる日だったので(狙ってたんだけど)、夕食を食べたあとはテラスで足湯につかりながら花火を眺めていました。

心地の良い幸せな時間が過ぎていきます。今度はお父さんとかお母さんとかみーんな連れてきて、この幸せを共有したいね、そんな話をしながら眠りにつきました。

朝食はビュッフェスタイル。富士山の見える窓際の席で食べました。

当初朝7時に起きるはずが、まさかの大寝坊。8時半に目が覚めました。急いで着替えてすっぴんのまま朝食会場へ。

DSC_0499

富士山が見える窓際の席が用意されており、またまた感激。ビュッフェのメニューは揚げたての天ぷらとか山梨名物ほうとうとか、マグロのお刺身とか、いろいろと用意されていました。

ご飯もきっちり2杯食べ、満足してお部屋に戻ります。

テラスで朝の富士山を堪能。ここら辺から帰るのが嫌になりゆううつに。

DSC_0541

二日目はすっきり快晴。テラスから見える青々しい富士山に元気よくピースなどしてみる。

DSC_0529

ああ、満足だ〜。またこんな素敵な宿に泊まれるように、明日からも頑張ろう。

旅館をチェックアウトし、河口湖周辺の観光へ向かう。

大石公園という場所のラベンダーが綺麗らしい、との情報を仕入れ、早速行ってみることに。

お宿をチェックアウトする時、フロントの方に何気なく公園までの道のりを尋ねると「よろしければお送りしますよ」との一言。どこまで親切なんだ〜。ありがたい。

旅館を出ると、スタッフさんは私たちが見えなくなるまで手を振ってくれていました。また絶対来よう、と胸に誓った瞬間でした。

大石公園のラベンダーとソフトクリームを堪能。

大石公園では毎年6月中旬から7月中旬にかけて「河口湖ハーブフェスティバル」が開催され、一面が紫のじゅうたんみたいにラベンダーでいっぱいになります。

DSC_0562

DSC_0599

7月上旬、ハーブフェスティバルまっただ中の大石公園は、やはりすごかった。富士山の青にラベンダーの紫がよく映える。

DSC_0578

ブルーベリーのソフトクリーム。おいしいけど夏の暑さでどんどん溶けてきます。

この写真を撮ったあと、大惨事が起こります。溶けたアイスが服に落ちて、もう全身ベッタベタ。夫とそばに座っているおばちゃんに笑われてちょっと不機嫌になる私。まあ、そんなこともあとになればいい思い出です。

天気がいいので遊覧船に乗ってみる。 

河口湖周辺の観光地を周回しているバスに乗って、大石公園から少し離れた遊覧船乗り場へ。当初行く予定ではありませんでしたが、天気がいいので遊覧船に乗ってみることに。

DSC_0614

バスがねー、めちゃくちゃ混んでました。観光客でもうすし詰め状態。こういう時にふと思いますね、あー車欲しいなと。

週末はやはりとても混んでいるようなので、どうしても人混み嫌だよっていう方は、土日は避けた方がいいかもしれないです。

DSC_0622

遊覧船からも綺麗な富士山が見れました。湖の風を肌で感じられて、とっても気持ち良かった。

DSC_0647

この遊覧船が船着き場に帰れば、そろそろ旅も終わりです。

帰りは運良く富士登山線に乗ることができました。

さあ、帰り道。河口湖駅で切符を買います。駅員さんに「次の電車は登山線だよー」と言われ、訳のわからないまま所定運賃+200円払い、乗車。

IDSC_0769

レトロモダン調の車内。ソファーや展望席があり、とても贅沢な空間になっていました。通常の切符料金+200円でこの待遇。移動時間にも特別感を出したい方はぜひ乗ってみてください。

DSC_0764

列車の中に本棚が。富士山にまつわる本が集められているそうです。乗車中好きに読んでオッケーとのこと。

DSC_0731

こんな感じの田園風景の中を走っていきます。絶景ポイントでは写真撮影のためゆっくり走ってくれたり、アナウンスで教えてくれたり、とても親切でした。

DSC_0756

途中、リニア実験線の下をくぐりました。アナウンスがなければ気付かなかった。

DSC_0729

車内では無料で記念撮影をしてくれたり、乗車記念の飴をくれたりしました。

DSC_0740

なぜかこの列車は空いていました。河口湖駅にあんなにたくさんいた外国人の観光客も一人もいませんでした。座席も広々使えて、とても快適な移動時間を過ごしました。

まとめ

今回の山梨旅行で私たちが体験できたのは、

  • 甲府駅「甲州夢小路」
  • 河口湖駅「秀峰閣 湖月」
  • 河口湖駅「大石公園」
  • 河口湖駅「河口湖遊覧船」
  • 富士急行線「富士登山電車」

このくらいかな?なにぶん公共交通機関を利用しての旅だったので、小回りが利かなかったのは事実。本当はワイナリーとかも行きたかったけど、楽みはまた今度にとっておきます。

他にも山梨でおすすめの車無しでも行ける観光スポットや、部屋に露天風呂のある旅館など、少し前に記事にまとめたので、山梨に旅行に行かれる方はよかったら参考にしてみてください。

【じゃらん】 山梨/長野/新潟のホテル・宿の予約

最後に・・君のおかげで何倍も楽しい旅になったよ。ありがとう。

実は旅行の前日に一眼レフを買っていました。NikonのD3300です。前々から欲しいとは思っていたのですが、これを機会に買ってしまえーーって感じで、思い切りました。

価格はケースとかクリーニング用品とかもろもろ込みで6万円くらいだったかな。今回の記事に貼ってある写真は、全部このカメラで撮ったものです。

高い買い物だけど、おかげで旅が何倍にも楽しくなりました。カメラを首から下げて得意げな夫を見て、笑うこともできたしね。

夏の最初の夫婦旅行。一生忘れない素敵な旅になりました。