【口コミ】桃屋「トムヤムクンの素」を使ってガパオライスに挑戦!エスニック好きも納得のおいしさでした。

スポンサーリンク

近所のスーパーを探し回ってやっとこ見つけました。こちら、桃屋「トムヤムクンの素」です。

トムヤムクンの素

先日自家製バジルを使ったレシピの記事の中で紹介した「トムヤムクンの素を使って作るガパオライス」がどうしても食べたくて購入してしまいました。

ちなみに私が惹かれたレシピはこちら。

スクリーンショット 2016-07-19 12.36.47
Cpicon ガパオ風ライス by 桃屋レシピ

材料の少なさよ・・。

ガパオライスを作ろうとすると、ナンプラーとかオイスターソースとか豆板醤とか調味料を揃えるのが少し面倒なんですが、このレシピだと味付けはこの桃屋「トムヤムクンの素」だけでできてしまいます。しかもすごく本格的なお味。

以下、商品の紹介や味の感想などレポしていきます。

桃屋「トムヤムクンの素」って?

「ごはんですよ!」「辛そうで辛くない少し辛いラー油」でおなじみの桃屋が、久しぶりに出した新商品です。

10年の研究開発を経て発売

桃屋には徹底的に品質にこだわり、納得がいかなければ新商品を出さないという信念があるそうです。最高のものを作ろうと徹底的にこだわるから、多くの商品がロングセラーになっているよう。

スクリーンショット 2016-07-22 21.11.40
引用:桃屋

確かに公式サイトにある桃屋の人気商品を見てみると、知ってるものが多いですね。昔実家の冷蔵庫にあったなーと懐かしくなるものも。

そんな桃屋が10年の研究を経て発売したのが「トムヤムクンの素」です。

参考:テレビ東京「カンブリア宮殿」

味付けはこれだけでOK!トムヤムクンが手軽に作れる

トムヤムクンはもちろんのこと、ガパオライスなどタイ料理全般の味付けに使えます。生春巻きのソースにだってそのまま使えちゃう。汎用性の高い商品です。

桃屋独自の発酵野菜、発酵トウガラシをベースに、魚介の旨味やハーブの香り、ココナッツミルクのコクなどが絶妙なバランスで配合されています。

本場の味だけど日本人の好みに合うよう工夫されているんだとか。

実際食べてみました。

トムヤムクンも捨てがたかったのですが、今回は自家製生バジルを使いたかったので、冒頭で紹介したレシピを参考にガパオライスを作ってみました。

ガパオ2

こんな感じ。レシピには載ってない玉ねぎとかパプリカとか色々入れちゃったけど、味付けはトムヤムクンの素しか使っていません。

辛すぎず酸っぱすぎない。エスニック好きの夫も満足の味。

私は舌が鈍感なので、なんでも美味しいと感じてしまうのですが、夫は逆に繊細な舌を持っていて、大雑把な味のレトルトとかはあまり好みません。おまけにエスニック料理が大好きなので、正直「味付けこれだけで大丈夫かなー」と不安ではありました。

ちょっとばかりどきどきしながら夫が口に運ぶ姿を見守っていたのですが、このガパオライスは気に入ったようで、一口食べて「すごいおいしい!味付けこれだけ?」と驚きの声をあげていました。大変嬉しい。

香りの癖も強くなく、辛すぎず酸っぱすぎない絶妙な加減がされているので、誰でもおいしく楽しめると思います。

食べやすい反面、香りや辛さが物足りなくなるかも。

今回はガパオライスにしたので、バジルの香りがあったのですが、食べ進めるうちに香りや辛さがもうちょっとあってもいいかな?と思うようになりました。

誰にでもおいしく食べられるようにできているだけに、エスニック好きの方の中には物足りなさを感じる人もいるかもしれません。辛さもマイルドなので、好みで唐辛子など入れて調節するのがよさそうです。

最後に・・

なにはともあれ、おいしかったです。味付けに悩まなくていいし、色んな調味料の重たい瓶を買ってこなくて済むし、夕飯の準備がとても楽に済みました。

こういう「準備が楽なのに、家族が喜んでくれる夕飯」っていうのは、なにより嬉しいですね。材料費もそんなにかかってないしね。

これから暑い季節になると、辛いものが食べたくなると思います。ぜひ夏休みの夕飯に、利用してみてください。

参考:桃屋「トムヤムクンの素スペシャルサイト」