調剤薬局事務の仕事って大変?実際に働いた経験から感じたメリット・デメリットなど

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

少し前に医療事務の仕事について記事を書きました。今回はそれに続き、調剤薬局事務の仕事について書いてみたいと思います。

私自身、大学を卒業し、しばらくクリニックの医療事務員として働いたあと、少しの間近所の調剤薬局で事務員として働いていた経験があります。ちなみに調剤薬局事務系の資格は持っていません。

クリニックでの医療事務の経験あるし、なんとかなるでしょ?と思って気楽な気持ちで始めたのですが、実際そんなに甘くありませんでした。。もちろんクリニックでの医療事務経験が役に立つこともあるのですが、すべて一から勉強といった感じでした。

今回は私が調剤事務員として働いていた時のことや、経験から思ったメリットデメリットなどをまとめていきたいと思います。薬局によって仕事内容も給与も様々だと思うので、一つの例として参考にしていただけたら嬉しいです。

調剤薬局事務って何するの?

そもそも調剤薬局事務とは何をするのでしょう?よく病院の医療事務と混同されやすいですが、実際やっている仕事は結構違ったりします。

以下に私が薬局で働いていたころどんな仕事をしていたのか、簡単に紹介していきます。それぞれの薬局によって仕事内容は様々ですが、基本の仕事はそこまで変わらないかなと思います。

患者さんの受付

薬局に行くと初めに処方箋と保険証を提出します。その時に受け取ってくれるのが調剤事務員の方です。

「こんにちは!」と明るい笑顔で患者さんをお迎えし、受け取った保険証の情報や処方箋の期限などを確認していきます。この辺は医療事務と似ていますね。事務員といえども接客業の側面が強いです。

処方箋の情報を入力する

薬剤師さんが調剤を終えた後、渡された処方箋の内容をレセコンと呼ばれる専用のパソコンに入力していきます。同じ種類の薬でも規格が違う場合があるので、注意深く作業をする必要があります。

ですが、今は処方箋にバーコードが付いている場合もあるので、バーコードリーダーでピピッと読み込むだけで完了してしまうところもあるかと思います。(私の働いていた薬局はそうでした。)

もちろん間違っていないか、入力後の確認は必須です。

レセプト(調剤報酬明細書)作成業務 

私たちが薬局に行くと、まず保険証の提出を求められます。そうすることで、1割〜3割の負担で薬をもらえることができます。残りの7割〜9割は加入している健康保険組合や市区町村が負担することになります。

調剤事務員は、その残りの負担額を健康保険組合等に請求するために、月に1回レセプト(調剤報酬明細書)と呼ばれる書類を作成していきます。これが薬局全体の収入になるので、とても重要な業務です。一般企業で言う経理と同じようなものです。

私が働いていた薬局では、ある程度仕事に慣れてベテランにならないとこの業務をやることは許されませんでした。薬局によってはこの業務は薬剤師さんがやることもあるそう。そのくらい大事な仕事ということでしょう。。

医薬品の検品、入庫

薬局には毎日たくさんの医薬品が問屋から届けられます。その薬がちゃんと注文通り届いているかなど検品し、棚や倉庫に入庫するのも調剤事務員の仕事です。

私はこの業務が一番苦手でした。。たくさんの医薬品が日に2回〜3回に渡って届くので、素早く検品し倉庫に移動させなければならなりません。表と照らし合わせてチェックしていくのですが、とにかく細かい薬が多く、名前も長いカタカナのものばかりで、慣れるまで軽くパニックになりながらやっていました・・( ;∀;)

もちろんその作業の合間にも患者さんは来るので、手が空いた時にやるようにしていました。

医薬品の発注

その日に消費した医薬品を発注するのも調剤事務員の仕事です。薬剤師さんがくれるメモをもとに、パソコンを使って発注処理をしていきます。

私の働いていた薬局では、この仕事もある程度仕事に慣れたベテランの調剤事務員が行うことになっていました。

薬剤師さんの補助・雑務等

その他薬剤師さんからの頼まれた仕事、例えば特定の患者さんへの薬の宅配や、備品の補充、電話応対やFAX送信、薬局内の清掃等も調剤事務員の仕事として行っていました。

重い荷物を運んだり、急なおつかいを頼まれたりと、結構体力を使います。薬局によりさまざまですが、色んな業務にその都度対応できる臨機応変さも必要になるかなと思います。

調剤薬局事務で働いて感じたメリット・デメリット

実際私が調剤事務員として働いてみて感じた、この仕事のメリット・デメリットを簡単にまとめていきたいと思います。

メリット①経験さえあれば、どこでもいくつになっても働くことができる。

調剤薬局は全国どこにでもあるので、たとえば引越しをして今の薬局を辞めなければならなくなった時も、調剤事務員としての経験さえあればまた就職する時に便利だと思います。

仕事の経験が豊富であれば、年齢を重ねてからでも採用される率は高いでしょう。私の働いていた薬局でも40代以上の調剤事務さんが何人かいらっしゃいました。

メリット②時短勤務のパートなど、働き方が選べる

同じ仕事でも正社員・派遣社員・パートなど色々な働き方が選択できます。例えば朝お子さんをお見送りしてから、帰ってくるまでの短時間だけでも働きたい場合など、パートとして雇われれば可能になります。

実際、私の働いていた薬局でも、フルタイムで働いている方もいれば、週3回だけ短時間働くパートさんもいました。ライフスタイルに合わせて色々な働き方が選べるのもこの仕事のメリットかなと思います。

メリット③薬についてちょっと詳しくなる。

病院の医療事務でもそうでしたが、仕事をしていくうちに簡単な薬や病気の知識が自然と身についていきます。

薬剤師さんと仲良くなれば、より詳しく教えてもらえることもあるでしょう。日常生活で使えるちょっとした知識が身につくのは嬉しいポイントでした。

デメリット①業務の幅広さに比べ、給与が低め

ここからデメリットです。調剤薬局事務は仕事の幅が広く、任される業務は多いですが、給与はそこまで高くありません。私はフルタイムの正社員として勤務していましたが、だいたい手取り14万に届かない程度でした。一般的に言うとちょっと少ない方ですね。。

専門の資格を取ったり、経験を重ねていけばもう少しもらえる可能性もあるかと思います。薬局によってはボーナスをもらえるところもあるでしょう。

デメリット②素早く丁寧に仕事をしないと、クレームにつながる

患者さんは具合は悪く、気持ちが落ち込んでいる方が多いです。そんな状況で長い時間待たされると、中にはイライラしてしまう方もいます。

これは病院の医療事務にも言えることですが、調剤事務員の仕事が遅かったり間違ったりしていると、クレームにつながってしまい、薬局全体の信用を落とす危険性もあります。そうならないためには、素早く正確にそれでいて丁寧に仕事をしていく必要があります。

最初のころはこれが難しくて、仕事に慣れるまでは何度も怒られました・・( ;∀;)今でも思い出すと落ち込みますorz

働く前に一回は見学しておくといいかも・・

結局のところ、働く薬局によって給与も働きやすさも様々です。あまり小さい薬局や、忙しいわりに人手が少ない場所だと、薬剤師さんもピリピリしていて意思伝達もしにくく、全体的にムードが最悪だったりします。。(私の働いていた薬局はまさにそんな感じでした・・。)

働いてから後悔しないためにも、働く前に一回は薬局を見学に行くことをおすすめします。窓口での対応や、調剤事務員さんの表情がイキイキと明るいかなど見るだけでも、何か感じる部分はあるかと思います。

最後に・・

色々と偉そうに書いてみましたが・・私はこの業界から挫折してしまった身ですorz

私の働いていた薬局では薬剤師さんと調剤事務さんとの仲があまり良くなく、人間関係のごちゃごちゃに疲れてしまい、早々に逃げてしまいました( ;∀;)

ただ調剤事務の仕事自体は好きだったので、機会があれば入念に見学などして、失敗のないようにしてからもう一度挑戦してみたいなぁと思っています。

  • コミュニケーションが得意
  • テキパキと仕事をこなす自信がある
  • 忙しいのに慣れている
  • 体力に自信がある

こんな方は向いているのかな。仕事に慣れて色んなことができるようになれば、たくさんの人に頼られるようになるので、やりがいは確実にある仕事だと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたにぴったりの仕事、探してみませんか?

「自分にはどんな仕事が向いているんだろう?」って悩むことありますよね。。

資格のキャリアカレッジジャパンでは、あなたの性格や志向性にぴったり合う講座を探す診断テストがあります。

質問の内容は全部で7つ。

私もやってみたのですが、心理テストみたいな質問もあってなかなか面白かったですw

診断結果の中で私が一番気になったのは「心理カウンセラー」の講座です。小さいころから周りに「カウンセラーになりたい!」と言っていたので、見事に当たってるなぁと思わされました。みなさんもぜひ診断してみてください。

また、今回記事の中で紹介した調剤薬局事務の資格が在宅で取得できる講座もあります。

就職サポートも充実していて、講座に申し込むと、あなたの職歴をもとにプロが職務経歴書を作成してくれます。就活の時にそのまま使えるので、文章を考えるのが苦手な方には嬉しいですね。

資料請求は無料でできますので、気になる講座があればお気軽に資料請求してみてください。

>>通信講座ならキャリアカレッジ