秋のアウトドアでの紫外線対策5つ!ばっちり対策して、行楽シーズンを満喫しましょう。

スポンサーリンク

気がつけば早くも9月に突入。だんだんと過ごしやすい日も増えてきましたね。

秋といえば、アウトドアにぴったりの季節です。紅葉狩りやキャンプなどに出かける予定のある方も多いんじゃないでしょうか?

私もその一人で、実はこの秋人生初の「釣り」に挑戦してみようと思っています。

釣竿

早速釣竿も買っちゃいました。ふふ。

すごく楽しみなんですけど、実は気になることが一個あって・・。そう、紫外線のことです。

紫外線は美肌の大敵。シミやシワ、たるみの原因にもなるので、女性としてはできれば浴びたくないもの。でもアウトドアも楽しみたい。。

ということで、今回は秋のアウトドアシーズンに向けての紫外線対策方法などをまとめていきたいと思います。

秋も紫外線に気をつけるべき?

4c92760830d065df90f136f3a5797855_s

日差しがやわらぎ、空気もサラサラとして、過ごしやすい秋。夏と違って肌が焼けるような暑さは感じないので、なんとなく紫外線対策を忘れてしまいがちですよね。

一体、秋の紫外線対策はどの程度するべきなのでしょうか?

秋の紫外線は夏の4割〜7割程度

9月〜10月にかけてだんだん涼しくなってきても、紫外線量は夏の4割〜7割程度あるようです。

涼しく過ごしやすい日でも、晴れた日やアウトドアに出かける時は、夏同様の紫外線対策が必要になりそう。

UVA波は季節問わず降り注いでいる

紫外線には、「UVB波」「UVA波」の2つの種類があります。ざっくり説明すると・・

  • UVB波・・屋外での日焼けの主な原因。たくさん浴びると赤くなり炎症を起こす。シミやソバカスの原因になることも。
  • UVA波・・赤みや炎症は起きにくいけど、肌の奥まで浸透しやすく、シワ・たるみといった肌老化の原因となる。

こんな感じ。秋に特に気をつけなければならないのはUVA波の方です。日差しのきつい夏をピークに、10月以降は量が減っていくUVB波に比べ、UVA波は夏以降もそれほど変動なく地上に降り注いでいます。

つまり、UVA波対策は夏以外もしなければならないということ。UVA波はUVB波のように浴びたあと皮膚表面が赤くなるなどの変化が起きないので、知らず知らずにたくさん浴びてしまうことが多いようです。

秋のアウトドアでの紫外線対策!特に気をつけたい5つのこと

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

では、秋のアウトドアでの紫外線対策はどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?

日焼け止めは夏同様のものを使用する

特に注目したいのは日焼け止めのPA値です。

日焼け止め

PA値とは、UVA波の防止効果を表すもの。よく日焼け止めに書いてありますよね。

PA値は弱い方から+、++、+++、++++と4段階に強さが分かれています。

特にアウトドアは外にいる時間が長いので、夏同様にPA値の高い日焼け止めを使用するのがいいと思います。汗をかいたらこまめに塗り直すのを忘れないようにしましょう。


スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス (SPF50+ PA++++) 80g
ロート製薬 (2016-02-16)
売り上げランキング: 12,677

UVカット加工のされたサングラスを着用する

e49deed2c0d9eb2596cb8fece453120e_s

紫外線から守るべきなのは肌だけではありません。目も大事。なんと、目から入った紫外線も、肌のシミやシワの原因になるのだそう。

日焼けの他にも、充血やドライアイ、白内障などの眼病の原因になる場合もあります。

帽子や日傘を着用しても、コンクリートや壁を反射した紫外線は目に飛び込んできます。特にアウトドアで行くことの多い海は紫外線の反射率が高いので、注意が必要です。

「秋なのにサングラスなんて・・」と思ってしまいますが、長時間外で活動する場合は、秋でもUVカット加工のされたサングラスを着用するようにしましょう。

つばの広い帽子やUVカット素材の上着を用意しておく

9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s

当たり前のことのようですが、肌を露出する部分はなるべく少ない方がいいでしょう。つばの広い帽子や、UVカット加工のされた長袖のはおりもの、またはアームカバーなどを使用し、夏同様の紫外線対策をすることが大切です。

手の甲や首のうしろなど、知らず知らずに日焼けしてしまうことが多い部分かと思います。日焼け止めや洋服で守るなどして、うっかり日焼けを予防しましょう。

肌が乾燥する季節なので、保湿はたっぷりする

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

秋になると涼しくなるとともに、空気が一気に乾燥してきます。それに加え夏の紫外線の影響もあって、肌はどうしても乾燥しがち。

乾燥によりバリア機能の弱まった肌は、紫外線の影響をより強く受けてしまいます。皮膚の奥まで紫外線が入り込み、更なる肌トラブルを引き起こすことも。

そうならないためにも、秋は保湿重視のスキンケアを心がけましょう。日焼け止めも乾燥肌を悪化させる場合があるので、きちんと保湿してから塗るようにするといいようです。

紫外線対策に良い食べ物を摂取する

1e749374292596f9f4d9e06978a18bfc_s

アウトドアで目一杯楽しんできたあとは、抗酸化作用のある食べ物を摂取し、体の中からできる紫外線対策に取り組んでいきましょう。

秋においしい食材で何かいいものないかな?と思って探してみたら、ありました。「さつまいも」です。

さつまいもには「βカロチン」「ポリフェノール」「ビタミンC」といった、紫外線対策に効果のある栄養素がたくさん含まれています。

ビタミンCがお肌に良いことは知られていますが、さつまいものビタミンCは加熱しても壊れにくい特性を持っているので、紫外線を浴びてしまったあとのお肌には、最適な食べ物と言えそうです。

また、さつまいもの皮には紫外線対策の化粧品にも使われている抗酸化作用のある色素が含まれているので、食べるときは皮ごと調理することをおすすめします。

最後に・・

過ごしやすい季節と言えども、やはり紫外線は降り注いでいるんですね・・。私も人生初の釣りに行くにあたって、紫外線対策はばっちりして挑みたいと思います。

帽子にサングラスにUVカットの上着・・色々と出費が重なりそうが、将来の美肌のために今から予防していきましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

「飲む日焼け止め」ホワイトヴェール【PR】

wv_package_03

「飲む日焼け止め」というものがあるのを最近知って、ちょっと気になっています。

>>サプリだから、1日中OK♪カンタン太陽ケア【ホワイトヴェール】

継続的に飲み続けることで、紫外線対策としての効果が期待できるようです。徹底的に紫外線を避けたい方は、塗る日焼け止めと併用してみるのもいいかもしれません。99.9%植物由来らしいので、ちょっと使ってみたいなと思いました。気になる。