【経験談】両親へ結婚の挨拶をした時の話。服装や手土産は?事前に準備しておきたいポイントなど。

スポンサーリンク

両親への挨拶・・結婚をするにあたって、まず最初のハードルかと思います。

緊張するし、不安なことも多いですよね・・。私もそうでした。

「反対されたらどうしよう・・」「失礼なことを言ってしまうかもしれない・・」数日前からこんなことばかり考え胃をキリキリと痛めていたのを覚えています。

ただ、事前に準備をしておくことで、当日はそこまで緊張せずに楽しく過ごすことができました。この時の第一印象が良かったからか、その後も義両親には可愛がってもらっています。

今回は、そんな私の経験談をまとめてみたいと思います。

「両親への挨拶が不安・・」そんな気持ちが少しでも楽になれますよう、お役に立てれば嬉しいです。

事前に準備したこと4つ。

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

私はかなり心配性なので・・事前に入念な準備をしておきました。

①まずは自分の両親に結婚の意思を伝える。

まずはお互い自分の両親に、結婚したい相手がいることを伝えました。

なんだか照れてしまって切り出すのに勇気が入りましたが、大事な場面なので真剣に、自分は本気なんだということを説明しました。

挨拶の日程や、当日の段取りなどもこのタイミングで相談しておくと良いと思います。

②相手のプロフィールを詳しく伝えておく。

相手の家族構成や職業、趣味、どんな性格なのかなど詳しいプロフィールも事前に伝えておくようにしました。

これが事前準備の中では結構重要なポイントだと思っています。

当日、相手の両親から「年収は?」「仕事は順調?」などと立て続けに聞かれると、責められているような気分になってあまり良い気持ちはしませんよね。

相手も両親も気持ち良く過ごせるように、両親が不安に思うような部分は先に説明しておくと良いかなと思います。

結婚相手のどんなところが素敵なのか・・なんていうのも伝えておくと最初に会った時の印象が変わるかもしれません。

③服装・手土産の準備。

服装はカジュアルすぎず、控えめだけど清潔感を感じるような格好を心がけました。

具体的に言うと、私は青いワンピースに白いカーディガン。夫は紺のシャツにベージュのパンツ、グレーのジャケットを事前に購入しました。

また、手土産はどちらの両親も好きな「甘いもの」を用意しました。私の実家には母の好きなデパ地下のケーキを、仙台の夫の実家には東京ラスクを買いました。

どちらも1,000円〜2,000円くらいの品物だったと思います。


【公式】東京ラスクコレクション21枚入
【公式】東京ラスク
売り上げランキング: 40,839

④盛り上がりそうな話題を何個かピックアップしておく。

私は特に初対面の方とのコミュニケーションが苦手なので・・当日話題に困らないために、2人で事前に雑談の内容も考えておきました。

両親の趣味のことや、過去にあった家族のエピソードなど、楽しく盛り上がれそうな話題を何個かピックアップしておきました。

まずは私の実家へ。

8c83a431f3de7729c713c935e86a24b2_s

私の父親は昔に亡くなっているので、実家には母しかいません。

玄関で簡単に挨拶して、リビングへ。テーブルには母の手料理がずらりと並べられていました。

事前に夫の紹介はしていたので、主に雑談ばかりしていました。

夫から結婚の意思があることを伝えてもらう。

話が盛り上がり、夫と母が少しずつ打ち解けてきたところで、話を本題へ。

2人に結婚の意思があること、どんな時も支え合う決意があることを伝え、お母さんにもとても感謝いているということをゆっくりと丁寧に夫が話してくれました。

話を聞きながら、母は涙を流していました。母は最初私の結婚に不安を持っていたのですが、すっかり安心したようで、快く結婚の承諾をしてくれました。

翌週、夫の実家へ。

eb00c4fe351cb4b2b1dedf5790429285_s

私の実家に行った次の週、新幹線で仙台にある夫の実家に向かいました。

玄関で自己紹介をし、リビングに招かれると、こちらもお義母さんの手料理がずらり。

おまけにお寿司までとってもらい、みんなでビール飲んだり日本酒飲んだりしてワイワイして過ごしました。

盛り上がったのは、両親の馴れ初め話。

  • 両親の馴れ初め
  • 夫の子供時代のこと
  • 私の地元の話

色んな話をしましたが、こういった話題は特に盛り上がった記憶があります。昔話のついでに過去のアルバムを見せてもらったり、楽しくなったお義父さんがお酒を飲んで歌を披露したりと、いい雰囲気で時間が過ぎていきました。

義両親に私の気持ちを伝える。

場の雰囲気も和らいだところで、義両親に私の気持ちを改めて伝えました。

結婚の意思があること、この人しかいないと思っていること、どんな時も支え合う決意があること、お義父さんとお義母さんにすごく感謝していること。

感情が高ぶって、ところどころ涙声になりながら、話したのを覚えています。

お義母さんは私の話を聞きながら、泣いて喜んでくれました・・あの時のお義母さんの優しい泣き顔を、私は一生忘れません。

まとめ

結婚の挨拶をするにあたって、いろいろと守るべきマナーがあるのかなと思いますが、個人的には義両親を不快にさせない程度の、最低限のマナーができていればいいんじゃないかなと思っています。

それよりも重要なのは、結婚の意思と両親への感謝の気持ちを丁寧に伝えることです。きっと両親が知りたいのはその部分だと思います。

ご家族と過ごす時間が、楽しいものになりますように。少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。