【経験談】寝つきが悪くて悩んでいる方へ。私が瞑想を始めて10分で眠れるようになった話。

スポンサーリンク

「夜、布団に入ってから眠りにつくまで時間がかかる」

こういう方、結構多いんじゃないかと思います。眠りたいのに眠れない・・辛いですよね。私も少し前まで、不眠の症状に悩まされていました。

寝る前に体を温めたり、運動してみたり・・と睡眠に良さそうなことを自分なりに色々とやってみたのですが、一番効果があったな〜と思ったのは、「瞑想をする」ことでした。

%e7%9e%91%e6%83%b3

参考にしたのはこちらの本です。『マインドフルネス瞑想入門』。色んなサイトで取り上げられているので、ご存知の方も多いかと思います。

私はこの本を読んで、夜布団に入り瞑想するようになってから、眠りにつくまでの時間が大幅に短縮されました。

今回はその体験談を書いてみようかなと思います。現在同じような状況で悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

眠りたいのに眠れない・・原因は?

  • 不規則な生活習慣
  • 痛み、かゆみ、鼻づまりなど身体的な原因
  • 精神的な原因
  • 暑さ・寒さなど環境の問題
  • アルコールやカフェインの摂取

一般的に言われる「不眠の原因」にはこのようなものがあります。

私の場合は、3つ目の精神的な原因から起こる不眠でした。

「今考えてもしょうがないこと」を悩んでしまう。

「学校嫌だなあ・・」「会社行きたくないなぁ・・」「この先どうなるんだろう・・」

布団に入る度こんなことを悩み、眠れなくなっていました。

今考えてもしょうがないことはわかっているけど、頭に浮かんできてしまうんです。心がもやもやして眠れなくて結局朝になって、そのまま出かける・・なんていうこともよくありました。

やがて、「眠れない」こと自体が悩みになって、余計眠れなくなる負のループが起きてしまいます。

同じような症状の方、きっと多いんじゃないかなと思います。

瞑想で不眠が治る?

ある時、「眠りの質を上げるのに瞑想が良い」という情報をネットで見かけ、不眠にも効くかな?と思い、初心者でもわかりやすいと評判の瞑想の本を買ってみることにしました。

それが冒頭で紹介しました、『マインドフルネス瞑想入門』です。

その日から早速、夜寝る前の瞑想を試してみることに。

瞑想のやり方とは。

瞑想はむずかしいイメージがありますが、やることはシンプルで、誰でもすぐに実践できます。

基本的には、姿勢を正して、ただ自分のしている「呼吸」に意識を向けるだけ。

意識が呼吸からずれたことに気づいたら、注意を呼吸に引き戻していく。

ただ、この作業をくりかえすだけです。

本に書いてある瞑想のやり方は、こんな感じでした。

姿勢は骨盤を起こし、安定して快適な姿勢であることが基本ですが、手の位置や足の組み方など決まっているわけではないそうです。

%e7%9e%91%e6%83%b3%ef%bc%92

本の中には、あぐらや正座など座り方の例が紹介されています。仰向けで行っても問題ないようなので、私は普段ベッドに横になって瞑想していることが多いです。

”思考とのつきあい方”を学ぶ。

%e5%b7%9d

本の中で私が一番、「なるほどなぁ」と納得したのは、”思考とのつきあい方”という項目です。

瞑想中に雑念が湧くのは自然なことです。

湧いてくる思いや思考に気づいたら、無理に消そうとはせず、思考の中にそれ以上入らないようにして、流していきます。

基本的な対処法は、思考に気づいたら「雑念」と心のなかでラベリングします。言葉で気づきを確認したら、次の吐く息に乗せてゆっくりと解き放っていきましょう。

イメージは「川を流れる木の葉」です。

あなたは、目の前の美しい川を眺めます。

すると、ふと、文字の書かれた「木の葉」がさ〜っと流れてきます。

その「木の葉」とは、「思考」のことです。

瞑想中でも悩み事は頭の中にぽんぽんと浮かんできます。それをうまく受け流す方法が、この本にはわかりやすく書いてあります。

本にある言葉の通り、寝る前に目をつぶって川を思い浮かべ、そこに悩みが書かれた木の葉が流れていくのをただ見送っていくようなイメージをしながらゆっくりと呼吸します。そうしていくうちに、自然と気持ちが落ち着き、やがて時間をかけずに眠れるようになりました。

頭の中の川を流れていく木の葉を眺めながら、「自分はこんなことを考えていたのか〜」と少し引いたところから他人事のように観察することで、無意識な思考や感情から解放され、ストレスが軽減していくそうです。

普段の生活でも使えるようになる。

寝る時だけでなく、普段の生活の中でもこの方法は使えます。

例えば仕事や家事が終わらなくてイライラしている時なども、目をつぶって呼吸を意識しながら瞑想することで、「あぁ私イライラしてるな〜」と気づくことができます。

客観的に自分をみれると、自然と気持ちは落ち着き、冷静になっていきます。

まとめ

長年悩んでいた寝つきの悪さが、瞑想で改善するとは思いませんでした。

  • 寝つきが悪い
  • 睡眠の質を上げたい
  • 日ごろストレスを感じている

こんな方にはぜひおすすめです。

本の中には他にも色々な効果や、詳しい瞑想のやり方、考え方などが書いてあります。

私もまだ始めたばかりなので・・また何か気づいたことがあれば記事にしていきたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。