【経験談】医療事務と調剤薬局事務どっちがおすすめ?実際に働いてみて感じたそれぞれの特徴など。

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

今回は、医療事務と調剤薬局事務を両方やってみた経験から、どちらがおすすめできるか考え、まとめてみました。

働きやすさや給料についても勝手にバシバシ書いてますが、それぞれ働く場所によって変わるものだと思いますので、あくまで一つの例として参考にしていただければと思います。

医療事務と調剤薬局事務のそれぞれ特徴。

46ddd9ebab4f81efa18ac73dc48fa7f4_s

医療事務と調剤薬局事務はどんなところが違うのでしょうか?私が働いてみて感じた特徴を簡単に挙げてみます。

それぞれの詳しい仕事内容については、以前にまとめた記事がありますので、そちらも合わせて参考にしていただけたら嬉しいです。

医療事務で実際に働いてみて感じたメリット・デメリット。志望動機や働くうえで大切なことなど。

調剤薬局事務の仕事って大変?実際に働いた経験から感じたメリット・デメリットなど

医療事務は接客が多かった。

私が働いていたのは個人の小さなクリニックでしたが、仕事の割合で言えば、接客が4割、レセプト作成など事務処理が4割、残りの2割が雑務、というような感じでした。

特に電話応対や患者さんとのコミュニケーションなど接客業の面が強かったなーというイメージがあります。個人クリニックは2ヶ所働いた経験がありますが、どちらもそんな感じでした。

レセプト作成業務は、資格をとる時は手計算で習いましたが、実際はややこしい計算はレセコンと呼ばれるコンピューターがやってくれたので、そこまで大変な作業ではありませんでした。

どちらかと言えば患者さんへの応対、クレーム処理などが大変でした。。

調剤薬局事務は仕事の幅が広かった。

調剤薬局事務は、幅広く色んな仕事を任されました。。割合で言えば、接客が2割、レセプト作成など事務処理が2割、調剤補助が2割、その他の雑務が4割、という感じでした。

接客は最初に保険証を受け取るぐらいで、あとはほぼ薬剤師さんが対応していたので、患者さんと接する機会はクリニックの医療事務ほど多くはありませんでした。

レセプト作成業務は、私が働いていた薬局では薬剤師さんとベテランの事務さんがやっていました。私は少し手伝う程度しかやっていませんでしたが、忙しい時期は薬剤師さんが遅くまで残ってやっていることもありました。

薬の検品や特定の患者さんのお宅への配達、常備品のおつかいなど、事務職の割に体力仕事が多かったイメージがあります。

就職しやすいのは?

4d3cb4c07b0dcc1cdbe7feae3fe9c3d0_s

私の感覚ですが、医療事務の方が求人が多く、のちのち転職もしやすいのかなと思います。

実際、私が医療事務から調剤薬局事務に転職した時には、調剤薬局事務の資格は持っていませんでしたが、クリニックでの医療事務経験があったことと、医療事務の資格を持っていたことで採用されました。

働きやすいのは?

00_pp27_pp_tp_v

これもそれぞれ働く場所によって違うと思いますが、私の場合クリニックの医療事務の方が働きやすかったです。

私が働いていたクリニックでは、事務員の管理者にあたる先生は主に診察室に居ることが多く、私たちが仕事をしている受付にはめったに来ませんでした。

それなので、患者さんがいない時など事務員同士で、「今日忙しかったですね〜」「お疲れさま〜」など軽い雑談をして、ホッと一息つけるような時間がありました。

一方、調剤薬局事務で働いていた時は、そういった時間がほとんど取れませんでした。一日中薬剤師5人、事務3人体制で狭い空間で忙しくバタバタ動き回っていることが多く、みんなピリピリしていて息苦しかったのを覚えています。

特に私の働いていた薬局は事務さんと薬剤師さんが仲が悪かったせいだと思います・・。人間関係が円滑で、もっと働きやすい薬局はきっとたくさんあるので、働く前に見学に行くことをおすすめします。

休みがとりやすいのは?

c2115f6277b0f0795c4b162a83e1af30_s

これは私の場合、調剤薬局事務の方でした。単純に事務員の人数が多く、パートさんも居たので急に1人くらい休んでも仕事がまわる人数が確保されていました。

一方、クリニックで医療事務をやっていた時は、仕事がまわる最低限の人数(常勤2人)しかいなかったので、よっぽどのことがない限り休めないプレッシャーがありました。

これも働く場所によると思いますが、小さなクリニックだとぎりぎりの人数で仕事をまわしていることが多いように思います。

給料が高いのは?

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

私の場合、医療事務は手取り16万弱、調剤薬局事務は14万弱でした。どちらも正社員です。

手取りで見ると医療事務の方が上ですが、ボーナス無しで厚生年金にも加入できませんでした。

一方で、調剤薬局事務は月の手取りは少ないですが、ボーナスは年2回ありましたし、厚生年金にも加入できました。

長期的に見れば調剤薬局事務の方が良かったのかな?と思います。

もっと条件の良い場所はたくさんあると思いますが、小さなところだとボーナス無し厚生年金未加入のところも多いのかなと思います。

結果:私のおすすめは医療事務です。

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

以上のことを踏まえ、総合的に私がおすすめしたいのは、医療事務の方です。

ボーナスが無かったり休みにくかったりと、あまり条件はよくありませんでしたが、のちのち調剤薬局事務や介護事務といった職種に転職したい時も、医療事務の経験や資格があれば有利になると思います。

私は結局どちらも辞めて一般事務に転職してしまいましたが、もう一度挑戦するとしたらクリニックでの医療事務をやりたいなと思います。

色々と偉そうに書いてみましたが・・私が働いてみて感じた勝手な意見なので、あくまで一つの例として参考にしていただけたら嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたにぴったりの仕事、探してみませんか?

「自分にはどんな仕事が向いているんだろう?」って悩むことありますよね。。

資格のキャリアカレッジジャパンでは、あなたの性格や志向性にぴったり合う講座を探す診断テストがあります。

質問の内容は全部で7つ。

私もやってみたのですが、心理テストみたいな質問もあってなかなか面白かったですw

診断結果の中で私が一番気になったのは「心理カウンセラー」の講座です。小さいころから周りに「カウンセラーになりたい!」と言っていたので、見事に当たってるなぁと思わされました。みなさんもぜひ診断してみてください。

また、今回記事の中で紹介した医療事務や調剤薬局事務の資格が在宅で取得できる講座もあります。

就職サポートも充実していて、講座に申し込むと、あなたの職歴をもとにプロが職務経歴書を作成してくれます。就活の時にそのまま使えるので、文章を考えるのが苦手な方には嬉しいですね。

気になる講座があれば、ぜひお気軽に資料請求してみてくださいね。

>>通信講座ならキャリアカレッジ