【口コミ】イワタニ「網焼きプレート」で焼き鳥パーティー!自宅で簡単においしい焼き鳥ができました。

スポンサーリンク

「自宅でおいしい焼肉がやりたい!」「網焼きで魚や野菜をじっくり焼きたい!」

そんな風に思うことってありますよね。バーベキューしたいけど、準備大変だし、冬は寒いし・・。

我が家も夫婦揃ってバーベキューが大好きなのですが、そんなスペースないし、実家に帰らないとできないので、「家の中で手軽に網焼きできればいいのにな〜」なんて考えていました。

で、行動に移したのが先週の連休のことです。どうしても自宅で焼き鳥がやりたくなり、網焼きプレートをネットで探してみることに。

結果、こちらのイワタニ「網焼きプレート CB-P-AM3」がよさそうだったので、購入しました。早速焼き鳥を焼いてみましたが、これが最高においしくできて「いい買い物したな〜」と思ったので、今回写真とともに紹介したいと思います。

最後まで読んでいただけたら嬉しいです。



イワタニ「網焼きプレート」を買ってみた!

価格は2,000円ほどでした。思ったより安くてびっくり。海鮮焼きや焼肉、干物やお餅も焼けるようですね。

直接火に当てるのではなく、中央にある輻射板(ふくしゃばん)を使ってムラなく焼き上げる方式なので、七輪のようにこんがりと食材を焼くことができるそう。

これがその輻射板です。

網は2枚入ってます。汚れやすいのでスペアがあるのは嬉しいですね。

最後に受け皿です。カセットコンロの五徳にハマりやすいように溝があります。この受け皿にお水を入れて焼くことで、食材がふっくらとおいしく焼けます。

焼き鳥を作ってみよう!

早速ですが、この網焼きプレートを使って焼き鳥を作ってみました。

材料はこんな感じ。鶏もも肉や鶏皮、砂肝につくね、にんにく、長ネギ、しいたけ、ししとうなどなど。

それぞれ切って串に刺してみました。鶏皮を切るのが一苦労でした。。

あとで焼いてみて分かったのですが、焼き鳥の食材は1串に4つくらいまでにしておいた方がよさそうです。あまり根元まで使うと焼く時に根元の方だけなかなか焼けなくて苦労しました。

セットした網焼きプレートに串を乗せていきます。煙が出るのが心配だったので換気扇の下で焼きましたが、鶏皮を焼いた時にモクモクしたくらいで、心配したほど煙だらけにはなりませんでした。

だんだん焼き上がってきました。時折裏返すだけで、初体験の私たちでもまんべんなく焼くことができました。おいしそう。

早速食べてみよう!

まずは、ねぎまです。塩でいただきます。こんがりと焼き上がったお肉とネギが香ばしくて、最高。お酒がすすみます。

「家でこんなおいしい焼き鳥食べれると思わなかった〜!」と、夫も感動していました。

次はささみです。梅肉と刻んだシソを乗せていただきました。これもおいしい。受け皿のお水のおかげか、ささみがふんわりと焼けています。

こちらは砂肝。歯ごたえがいいですよね。

鶏皮もカリッカリに香ばしく焼けていました。

使ってみて思ったこと・・輻射板はすぐに洗った方がいいです。

今回は鶏皮のような脂質の多い食材も焼いたので、網から下にある輻射板に油が落ち、焦げがたくさんくっついてました。

使用後すぐ洗えばよかったのですが、数時間放置してから洗ったので、焦げがカッチカチになって取るのに一苦労でした。。

お湯で煮たり、スポンジでこすれば綺麗になりましたが、脂肪の多いお肉などを焼いたあとは、網と輻射板だけでもすぐに洗った方がよさそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、イワタニ「網焼きプレート CB-P-AM3」のレビューでした。

初心者なのに串を焦がすことなく上手に焼けたのは、この網焼きプレートのおかげです。

「最高においしいね〜」なんて言いながら、夫婦で焼き鳥を頬張りお酒を飲む時間はとても幸せでした。いやぁ、いい買い物した。

  • 家の中で網焼きがしたい
  • 安く買える網焼きプレートを探している

こんな方にはおすすめです。お値段2,000円ほどなので、かなりお買い得かなと思います。

ぜひご家族やご友人と一緒に楽しい網焼きパーティーしてみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。