聖蹟桜ヶ丘「平澤商店」のお肉が最高に美味しくて感動!自宅でモツ焼きパーティーをしてみました。

スポンサーリンク

以前、自宅で焼き鳥パーティーをした時のことを書きました。

今回はそれに引き続き、先週末に自宅で行ったモツ焼きパーティーの様子を記事にしてみようと思います。

焼くお肉にもこだわり、初めてお肉の専門店に足を伸ばしてきました。

写真多めなので、眺めるだけでも見ていただけたら嬉しいです。

お肉専門店「平澤商店」に行ってきた。

今回お肉を買いに伺ったのは、多摩市にあるお肉の専門店「平澤商店」さんです。

映画『耳をすませば』の舞台としてもお馴染みの聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩6,7分で到着します。

お店の名刺によると、営業時間は「10:00〜18:00」定休日は「日・祝祭日」となっています。詳しいアクセス方法などは公式HPまで。

外観はこんなところ。お肉屋さんのご主人って怖そうな方を想像してしまいがちなのですが・・お店にいたのはとても優しそうなお母さんとお兄さんでした。色々とお肉のことを親切に教えていただき、大変嬉しかったです。

私たちは土曜日の午後3時頃伺いましたが、欲しかったお肉はまだ残っていました。よかったよかった。

ちなみに、平澤商店の横に焼肉屋さん「権左エ門」があるのですが、こちらのお店は平澤商店のお肉を使っているそうです。

モツにカルビにハラミに牛タン・・買いすぎました。。

どどん。こんなに買ってきました。大体全部200gずつあります。これだけ買ってもお値段4,300円ちょっと。焼肉に行ったと思えば断然安いですよね?

トレイに出してみました。ほぼホルモン。

お肉につけるタレは、夫作のネギダレ(刻んだネギとごま油、塩、レモン汁を混ぜたやつ)を用意しました。

お肉を焼いてみよう!

お肉を焼く時に使ったのは、焼き鳥パーティーの時と同様、イワタニの網焼きプレートです。お店の焼肉みたいに美味しく焼けるので、お家でも美味しい焼肉食べたい!って方にはぜひおすすめ。詳しい商品の紹介については、こちらの記事を参考にしてください。

さて、お肉を焼いていきます。まずは牛タンから。分厚いです。これは食べ応えがありそうだ。

いい感じに焼けてきました。

次はモツです。ピンク色でいかにも新鮮な感じ。

いい感じに焦げてきました。美味しそう。結構煙が出るので注意です。我が家はキッチンの換気扇の下で焼きました。

これはカルビです。カルビだけタレが付いてます。

これが上ミノ。夫が焼酎のお供にしてました。歯ごたえがよくて美味しいんですよね。

これはハラミです。これまた分厚い。

早速食べてみよう!

早速食べてみます。まずは分厚い牛タンから。ネギダレをかけていただきます。

ジューシーで歯ごたえがすごい!ネギダレがぴったり合ってとても美味しいです。ビールがすすみます。

次は牛モツです。いい感じにこんがり焼けてます。

外はカリッと中はジューシーで、これまた美味しい!!これまで色んなお店で美味しいお肉を食べてきた夫も「今まで食べたモツの中で一番美味しいかも・・!」と感動していました。

ハラミも分厚くてジューシーで最高でした。私はこのお肉が一番好きでしたね。

カルビには甘めのタレが付いていたのですが、これがご飯によく合います。お子さんもきっと好きな味なんじゃないかな。

キムチもめちゃくちゃ美味しかった。

平澤商店で売ってたキムチ。スーパーで買うものよりお値段はちょっと高めでしたが、これがすごく美味しかったです。

サンチュでカルビと一緒に巻いて食べるとよく合いました。焼肉屋さんによくある、結構辛めのキムチです。

最後に・・

今はスーパーでも美味しいお肉を手に入れることができますが、時間のある時はちょっと足を伸ばしてお肉の専門店に行ってみると新たな感動を味わうことができます。新鮮なモツや厚切りタンなんて、スーパーじゃなかなか売ってないですからね。

次のお休みはお肉屋さんに行って、家族みんなでモツ焼きパーティーなんてしてみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。