第二新卒で派遣社員として働いてみて感じたメリット・デメリット。派遣だからこそできた経験もたくさんありました。

スポンサーリンク

「正社員になれる自信がない・・」

就職氷河期と言われていた2011年に大学を卒業した私は、第二新卒と呼ばれる20代前半から派遣社員として働く道を選びました。

表向きは「色んな仕事をしてみたいから・・」なんて言っていましたが、本音は正社員になれる自信がなかったからです。。たくさんの会社を受けては不採用になった就職活動のトラウマが私の心にずっと影を作っていました・・orz

当時、私が「派遣社員になる」といった時、周りからは「まだ若いんだからもったいない!」「派遣じゃボーナスももらえないんだよ」なんて言われたりもしました。。

あの時はすごく悩みましたが、派遣社員として働いてきたからこそできた経験もたくさんあったので、今は後悔していません。

今回はその時のことを思い出しながら、「第二新卒で派遣社員になるメリット・デメリット」について書いています。

今あの時の私と同じような状況で悩んでいる方の参考になれれば嬉しいです。

第二新卒で派遣社員になるメリット。

私が初めて派遣会社に登録したのは24歳の時でした。

若さを重視され、未経験でしたが大手不動産会社の事務として働けることになりました。

そこでしばらく働いたのち、特許事務やデータ入力、営業事務など職種を変えて数社渡り歩いてきました。

そんな経験の中で、若いうちから派遣社員という働き方をしてみてよかったことを挙げてみたいと思います。

①未経験でもやりたい仕事ができた。

一度社会に出てしまうと、未経験でやりたい仕事に転職するのはなかなか難しいと言われています。

実際まだ若いので意欲的に就活すれば問題ないと思いますが、心が折れて就活するのが怖くなってしまうこともありますよね。。

派遣なら派遣会社が全面的に協力してくれるので、やりたい仕事に就ける可能性が高くなります。実際、私は医療事務の経験が長かったのですが、まったく別の職種である不動産事務の仕事に就くことができました。

「大企業で働きたい!」「都会の綺麗なオフィスで働きたい!」なんていう夢も、派遣なら叶えやすいかと思います。

②割り切った働き方ができた。

「家庭の事情で残業できない」「他の仕事もしたいから週4日だけ働きたい」そういった事情のある方ってたくさんいらっしゃると思います。

正社員ではよっぽど待遇のいい会社でないと厳しいような勤務条件でも、派遣なら可能なことって多いんです。実際に私は結婚して間もないころ「週4日だけフルタイム(残業なし)」という働き方をしていましたが、空いた曜日に好きなことができてすごく充実した日々を送ることができました。

また、派遣だと副業OKなところが多いのもメリットです。以前働いていた派遣先の同僚の方で、派遣で働きながら趣味を副業にして稼いでいる方もいました。こうしたプライベートと割り切った働き方ができるのも、派遣社員のメリットだと思います。

③派遣会社の人が仕事の相談に乗ってくれた。

派遣社員になると、自分担当の営業さんが就業中のサポートをしてくれます。

派遣先とのトラブルや、人間関係で悩んでいること、仕事内容で不安に思っていることなど、就業中に何かあれば気軽に相談に乗ってくれます。

他にも、例えば勤務日数を減らしたいとか、勤務時間を短くしたいだとか、そういった要望があれば派遣先との交渉もしてくれます。

新しい職場に入って間もない頃は、何かと不安なことって多いですよね。。派遣期間内ならいつでも相談に乗ってもらえるので、私は困ったことがあればすぐメールしてました。

良い営業さんに出会えれば、転職の話やこの先の働き方についても相談に乗ってもらえることもあるでしょう。

第二新卒で派遣社員になるデメリット。

そんな派遣社員ですが、もちろんデメリットもあります。私が実際に働いてみて感じたことを以下にまとめてみます。

①派遣から抜け出せなくなる。

派遣で働いていると、契約期間が終わっても担当の営業さんが次の仕事を持ってきてくれるので、自分で転職活動しなくても自動的に次の仕事が決まることも多いです。

めんどくさい履歴書や職務経歴書を書かなくて済みますし、面接も顔合わせ程度の簡単なもので済んでしまうので、なんとなく流れでまた派遣として働くことになってしまい、ズルズルと派遣期間だけが長くなってしまう危険性があります。。(私の場合そうでしたorz)

派遣で働くことは決して悪いことではありませんし、メリットもたくさんあるのですが、もともと正社員を目指していた方などは転職のタイミングが掴みにくくなる恐れがあります。

②周囲の目が気になる。

私が派遣社員として働いていた時、派遣先の社員さんに「若いのにかわいそうね・・」と悲しい目で見られたことがありました。

その時はあまり気にしなかったのですが、後々になってその言葉は胸に深く突き刺さりました。あぁ、そんな風に見えていたんだなぁ・・と。

人には色んな事情がありますし、気にしていてもしょうがないと思って割り切りましたが、周囲の反応が気になる方にとっては最大のデメリットになるかもしれません。

③給料にばらつきがある。

これは派遣全体のデメリットですが、派遣は時給制なので、月によって給料がバラバラになります。。

たとえば祝日が1日もない月は給料が高くなりますが、会社が夏休みに入る8月はガクッと減ります。

その他、ボーナスがもらえないのと、交通費も出ないところが多いのも派遣の大きなデメリットです。

10年後、後悔しないために・・

第二新卒で派遣を選ぶことは悪いことではありません。もちろんデメリットはありますが、実はメリットも多い働き方です。

また、「ゆくゆくは正社員になりたい!」という方には、最長6ヶ月の派遣期間ののち、派遣スタッフと派遣先双方の合意のもと直接雇用になる「紹介予定派遣」という働き方もあります。実際、私の大学時代の友人は紹介予定派遣を利用して希望の企業の正社員になり、今も活躍しています。

将来自分がどうなっていたいかを想像し、派遣のメリット・デメリットを踏まえ、後悔のない選択をしてください。

大企業に強い「マイナビスタッフ」

あくまで個人的な意見ですが、これまで派遣社員として働いてきた中で、特に待遇がよかったり、人間関係が良好な職場は大企業に多かったです。

トイレや休憩室が綺麗で掃除が行き渡っていたり、派遣社員を受け入れる準備がきちんと整っていたりと、派遣社員がストレスなく勤務できる環境が整っている会社がほとんどでした。

そういった大きな会社の求人に強い派遣会社が「マイナビスタッフ」です。大企業の他にも、働きやすい環境として人気の高い「学校事務」の求人が多いですし、先ほど説明した紹介予定派遣の求人が多いのも魅力です。

とりあえず登録しておいて損はないんじゃないかなと思います。

>>あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!



経理の仕事に興味があるなら「ジャスネットスタッフ」

「金融機関で仕事がしたい!」という方には、経理に強い派遣会社ジャスネットスタッフがおすすめです。

経理は結婚や出産をした後でも復帰がしやすく、年齢を問わず活躍できる職種です。

登録スタッフであれば経理に役立つ資格を無料、もしくは割引で受講できるサービスもあるようです。

興味のある方はお気軽に登録してみてください。

>>経理の派遣・紹介予定派遣なら【ジャスネットスタッフ】



職歴がなくても大丈夫!「若者正社員チャレンジ」

「できれば正社員として働きたい!」そんな方におすすめなのが、東京都が支援している若者正社員チャレンジという事業です。

この事業の最大の特徴は、企業で実際に実習してから応募するかどうかを決められるという点です。しかも、実習期間中は、最大10万円の支援金支給がされます。

正直、その会社に自分が合うかどうかなんて実際に働いてみないと分からないので、こういう「実際にその会社で実習してから応募できるサービス」は、すごくいいなぁと思いました。

これまでに500人もの方が、この事業を通じて就職を決められたそうですよ。

>>学びながら最大10万円支給+若者正社員チャレンジ事業

もちろん、プロの資格を持った方がサポートしてくれるので、一人での就活が不安な方にも安心です。私が転職活動に悩んでいた時期に出会えていればよかったなぁ・・と心底思ってしまいましたorz

学校を卒業して3年以上経過している方が対象なので、第二新卒の方は当てはまりませんが、それ以外でフリーターや派遣歴の長い20代の方には特におすすめしたいです。

参加条件など詳しいことは公式サイトをご覧になってみてください。



最後に・・

今回は、私が第二新卒で派遣社員として働いてみて感じたことをまとめてみました。

第二新卒の時期は限られていますので、派遣社員のメリット・デメリットを踏まえ、将来後悔しない選択をしてください。

あなたの転職活動がうまくいきますように。ここまで読んでいただきありがとうございました。