派遣のデータ入力って何するの?実際に働いてみた経験から感じたメリット・デメリットなど

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

今回は、以前派遣でやっていたデータ入力の仕事について書いてみようと思います。

データ入力って人気のある職種だと言われていますが、いまいち何をするのかよく分からないですよね。会社によって仕事内容はさまざまかと思いますが、この記事では私が当時データ入力担当としてやっていた仕事内容と、実際に働いてみて感じたメリット・デメリットについてまとめていきます。

これまで医療事務や一般事務、特許事務不動産事務などなど、色々な仕事をしてきましたが、私はこの仕事が一番楽しくて好きでした。一人で誰とも話さず進める仕事かと思いきや、意外と和気あいあいとしながら周りと協力して進める楽しい仕事でしたよ。

データ入力業務って何するの?

データ入力の仕事は、ほとんどが毎日同じ作業をこなすルーチン業務です。Excelや会社独自のフォーマットにひたすらデータを入力していきます。会社によってさまざまですが、データ入力と一緒に書類のファイリングやチェック作業などを頼まれる場合もあるかもしれません。

ここではあくまで私がやっていた仕事内容について書いていきます。会社によって仕事内容は違いますが、ある程度通じる部分はあるんじゃないかなと思ってます。

書類の開封、仕分け

早速データ入力とは関係ない仕事ですが・・毎日お客様から部署宛に送られてくる書類が入った封筒を開封、仕分けするのもデータ入力担当の私たちの仕事でした。

ちゃんと規定の書類が揃っているかを確認しながら仕分けていきます。書類の内容に不備がないかどうかの確認は後ほど社員さんが行うので、私たちはただただ開けて仕分けるの繰り返し。慣れれば流れ作業のようにできる仕事だったので、一番好きな作業でした。

専用フォーマットへの入力

社員さんが確認した書類の内容を、専用のフォーマットに入力していきます。入力する内容はほとんど日本語でしたし、ほぼマニュアル通りなのでやること自体は簡単なのですが、「1日に1人でこのくらい終わらせて欲しい」みたいな大体のノルマが決まってまして・・とにかく量が半端じゃなかったので、みんな必死になってやっていました。定時で帰れることなんてほとんどなくて、いつも2〜3時間くらい残業していた記憶があります。。

ただ、当時同じデータ入力業務をする派遣さんは私を含め10人くらいいたのですがみんな仲が良くて、誰かが遅れていたら周りで助け合うようなチームワークができていたので、全員で協力しながら進めていました。毎日残業ばっかりの日々でしたが、和気あいあいとしていて仕事に行くのがとても楽しみだった記憶があります。

つくづく人間関係って重要なんだと思わされた職場でもありました。。

データ入力をやってみて感じたメリット・デメリット

私が実際にデータ入力担当として会社で働いてみて感じたメリット・デメリットを簡単にまとめてみたいと思います。

メリット①パソコンが使えれば、すぐに仕事を覚えられる。

私の場合新しい仕事をする時って「ちゃんと覚えられるかな・・」「早く慣れればいいんだけど・・」なんて不安になってしまうことが多いんですが、データ入力の仕事は今までやってきた仕事の中でも比較的すぐに慣れることができました。

マニュアルがきちんと決まっていましたし、毎日同じことの繰り返しなので、嫌でもすぐに覚えてしまいます。最初に頭に入れてしまえばあとは自動的にできることも多かったので、仕事の難しさで悩むことはほとんどありませんでした。

メリット②イレギュラーなことが少ない。落ち着いて仕事ができる。

一般事務や医療事務をしていた時は、クレームの電話がかかってきたり、急にお客さんの対応をまかされたりと、毎日違う出来事が起こっていたのでパニックになることも多かったのですが、データ入力の仕事はそういったイレギュラーな出来事がほとんどなく、落ち着いて仕事をすることができました。

何か仕事で困ったことがあっても側に仲間がいますし、詳しい社員さんがいるのですぐに対応してもらうことができます。外の会社やお客様とのやりとりをしなくてよかったので、精神的にかなり楽でした。。電話対応がすごく苦手なので、電話に出なくてよかったのが何より嬉しかったですね。

ただ、職場によっては求人に「データ入力業務」と書かれていても、電話対応だったりお茶出しなんかを頼まれる場合もあるかと思います。事前に確認しておくことが大切です。

メリット③時給が意外と高い。

データ入力ってなんとなく給料が安そうなイメージがありますが、私が今まで働いてきた仕事の中では2番目に高時給でした。

会社によりけりかとは思いますが、私の場合は残業もしていたのでけっこうな額をもらえていました。精神的にも楽でしたし、また機会があれば挑戦したい仕事の一つです。

デメリット①目や肩が疲れる。

ここからデメリットです。データ入力は1日同じ姿勢でパソコンに向かい合っているので、肩や腰に負担がかかります。意識して休憩などとればいいんですが、忙しい時はなかなかそうもいかないことが多く・・同僚の女性で何人か整体に通っている方もいました。

私が個人的に一番辛かったのは「目の疲れ」です。小さい文字をチェックしながら入力していくので、目の奥が痛くなることがよくありました。。

デメリット②休みがとりにくい。

これも職場によりけりかなと思いますが、入力する書類の量に対して処理する人数が少ないとなかなかお休みがとれなかったりします。

1人休んでしまうとその分誰かが負担しなければならなくなってしまうので、極力休まないようにみんな体調には気を付けていました。有給休暇を取得できている人なんてほぼいなかったように思います。。今考えるとちょっと異常でしたね。。

あとは、職場によっては残業が多かったり、長時間じっとしていることに耐えなければいけないのもデメリットになりますね。デスクワークが苦手な方なんかにはあまり向いていないお仕事だと思います。

まとめ

今回は、データ入力業務についての記事でした。あくまで私の場合の体験談なのですが・・何か参考になることがあれば嬉しいです。

  • じっとしていることが苦痛じゃない。
  • デスクワークが得意。
  • 細かい作業が好き。
  • 集中力がある。

こんな方には特に向いてるのかな。正確にスピーディーに仕事がこなせるようになれば、周りからも頼られるので、やりがいも生まれてくると思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたにぴったりの仕事、探してみませんか?

「事務職の仕事を探したい!」という方におすすめの求人サイトが、とらばーゆです。

とらばーゆは転職業界最大手のリクルートが運営している、女性の転職に特化した求人サイトです。一般事務や営業事務、データ入力のようなオフィスワークはもちろん、医療系やアパレル系の求人も揃っています。

私も転職活動中によくとらばーゆの求人をチェックしていました。未経験OKの求人もたくさんありますし、その会社がどんなところなのか、どんな人を求めているのかなどすごく具体的に書かれているので、実際に働いてからのイメージも浮かびやすく、安心して応募できます。

未経験OKの求人が探せるとらばーゆ

派遣だけでなく、正社員や契約社員の求人も多いので、興味のある方はぜひお気軽にのぞいてみてください。「ココいいかも!」なんて会社がきっと見つかると思いますよ。