【口コミ】モロッコの美容アイテム!アレピア「サボンノワール」で全身ボディケアを初体験した話。

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

今回は美容の国モロッコで伝統的に使われているという、オーガニックボディケアアイテム「サボンノワール」の紹介です。

オリーブオイルをベースとした石鹸で、水とグリセリン以外余計なものは入っていません。

なんでもモロッコの女性たちは日本でいうスパやサウナのような場所「ハマム」で、サボンノワールを体に塗り垢すりをする伝統があるんだとか。

美人が多い国としても知られる、モロッコの美容法。ちょっと気になりますよね。

「サボンノワール」の中身とは?

蓋を開けてみると、深緑色のジャムのような、ねっとりとしたものが入ってます。写真で見ると黒っぽいですが、実際はもうちょっと緑っぽく見えます。これはオリーブの色なのかな?

指ですくってみると、びよ〜んっと伸びます。なんとなく青海苔を思い出すのは私だけでしょうか・・?

手に乗せてみると、オリーブ色なのがよく分かります。昔乾燥で肌がどうしようもなく荒れていた時にアレッポの石鹸を使っていたのですが、匂いがそれと似ています。オリーブの香りなのかな?独特ですが、無添加っぽくて私は好きな香りです。

どうやって使うの?

使い方には「デイリーケア」「スペシャルケア」の二種類があるようです。

①デイリーケアのやり方。

デイリーケアでは、普段使っているボディソープと同じように、適量をボディタオルで泡立てて使います。

泡立てネットに適量とってみました。ちょっと多かったかな。。

シャカシャカ泡立てていきます。オーガニック製品なのであんまり泡立たないかな?と思っていたのですが、結構こんもり泡立ちました。きめ細かい泡が気持ちいい。

腕をまんべんなく洗ってみました。

きゅきゅっと汚れは落ちているけど、潤いは保てている、最高の状態のお肌になりました。これはいいぞ。

②スペシャルケアのやり方。

スペシャルケアは、お風呂などで体を温めたあと、軽くタオルドライした肌に大さじ1杯程度のサボンノワールを塗っていきます。お湯で濡らして絞ったボディタオルやケッサ(垢すりミトン)で優しく肌をマッサージしていきます。その時に出る柔らかな泡が古い角質を絡め取ってくれるんだとか。

サボンノワールを塗って5〜10分くらいおいてからマッサージするのも効果的なようです。マッサージ後はよく洗い、お風呂から出たらオイルやクリームで保湿すればバッチリ。

サボンノワール自体すごく伸びるので、体に塗り広げやすいです。少し放置してからボディタオルでこすると、なんとも言えない気持ちよさ。これお風呂で全身やったら気持ちいいだろうな〜。誰かにやってあげるのも喜ばれそう。

洗い上がりもすっきりさっぱり。触り心地のいいお肌になりました。

お風呂で全身にも使ってみた!

本日、お風呂での全身ケアにも使ってみました。今までボディスクラブなんてやったことがなかったのですが、誰かに自慢したいくらい全身すべっすべになりました。

お風呂から上がって数時間経ちますが、まだすべすべしています。いつもお風呂上がりは乾燥して痒くなっていた首の後ろも、今日は不思議と痒くありませんでした。

お肌の調子がいいと気持ちまで元気に前向きになりますね。デートなど特別な日の前に使いたいスペシャルケアアイテムです。大事に大事に使っていこうと思います。

最後に・・

モロッコのような北アフリカの女性って、たまにテレビや雑誌で見かけますが、肌が綺麗で健康的な美しい女性が多いですよね。伝統的な美容方法を大切にしているからでしょうか?なんだか憧れてしまいます。

モロッコ美容に興味のある方、一緒にモロッコの伝統的な美容アイテムを試してみませんか?びっくりするくらい、触り心地のいいお肌になれますよ。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。