【検証】セスキ炭酸ソーダで台所のお掃除!やかんの頑固な焦げは取れるのか?試してみました。

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

先日「セスキ炭酸ソーダ」を使ってキッチン周りを掃除してみたら驚くほど綺麗になったので、ちょっとレポートしてみたいと思います。

真っ黒焦げのヤカン・・セスキ炭酸ソーダで綺麗になる?

早速汚い画像ですみません・・!今回私がどうしても綺麗にしたかったのはこれ。油汚れや焦げで真っ黒になってしまったヤカンです。

「いつかキレイにしよう・・」と思いつつ放っておいたらこんなことになってしまいました・・orzスポンジでこすってもビクともしない汚れですが、セスキ炭酸ソーダの力を借りてキレイにしていきたいと思います。

今回使うのはこちら。

今回の主役、キッチンクラブのセスキ炭酸ソーダです。

こするのに使うのはスコッチブライトのスポンジと、どうしても焦げがとれない時用にステンレスのたわし。

※ステンレスたわしは傷のつきやすいものには使用しないでくださいね。


あとはおなじみの激落ちくんスポンジも用意しました。

お肌が弱い方は手荒れ防止のためのゴム手袋も忘れずに。

スプレー液を作っておきます。

あらかじめセスキ炭酸ソーダを水に溶かしたスプレー液を作っておきます。

水500ccに対してセスキ炭酸ソーダを小さじ1溶かしたものをスプレー容器に入れれば完成です。粉が水に溶けやすいので簡単に作れます。

早速汚れを落としてみよう!

まずはまんべんなくスプレー液をかけて行きます。そのまま少し放置。

スポンジの固い面やステンレスたわしでゴシゴシこすってみると、少しずつですが汚れが落ちていくのを感じます。そのまま何回かスプレーしつつゴシゴシ・・を繰り返していると、だんだんと焦げがとれてピカピカになってきました。

セスキ炭酸ソーダの説明によると、しつこい油汚れにはキッチンペーパーにスプレー液を染み込ませ貼り付けてしばらく置くと効果的だそうなので、それも実践。スプレーの濃度も先ほどより少し濃いめにしてみました。

色々とやってみた結果、じゃじゃん!結構キレイになったんじゃないでしょうか?

反対側も。もうちょっとゴシゴシすれば完全にキレイになりそうですが・・根気が足りませんでしたwでもこれくらいで満足です!

※セスキ炭酸ソーダをアルミ製品や表面加工のされてある家具に使用すると、変色や加工が落ちてしまう原因になるようです。また、水洗いや水拭きのできないものには使用できません・・。あらかじめご注意ください・・!

台所の壁もキレイになりました。

またまた汚い画像ですみません・・!ホコリと油が混ざってしまった壁の汚れです。ふきんで拭いてもとれないんですよね・・。ずっと困っていたんですが、セスキ炭酸ソーダが解決してくれました。

じゃん。先ほどのスプレー液でふきんを濡らし、汚れた部分を拭いてみると、ピッカピカになりました・・!

換気扇の下の汚れも・・

この通り!こんなにキレイになってくれると、いろんなとこ拭いてみたくなりますね。

まとめ

長いことずっと「どうにかしなければ・・」と思いながら放置していた汚れがキレイにとれたので、なんだか心まで軽くなりました。掃除って楽しい!これからもセスキ炭酸ソーダを使って、いろんなところをキレイにしていきたいと思います。

気候も穏やかな春の時期、窓を開けて掃除をするにはぴったりな季節です。ずっと気になっていた箇所があれば、この機会に掃除してみませんか?

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。