大卒で医療事務に就職してみて思うこと。「もったいない」と言われ悔しい思いもしたけど、得るものは多かったです。

スポンサーリンク

「大卒で医療事務をするのはもったいないよ」

今から6年前、4年制大学を卒業したあと、街の小さなクリニックに就職した私が周囲の人によく言われた言葉です。給料は低いし、もっと教育制度や福利厚生のしっかりした会社に入った方がいいんじゃない?と。

自分は医療事務がやりたくて入ったのだから気にする必要はなかったのですが、当時は自分の決断に自信が持てず、周囲に色々と言われるたび「本当にこれで良かったのかな・・?」と自問自答する日々でした。

あれから6年。結局医療事務は続けず、今は全く別の仕事をしていますが、大卒で医療事務として働いたことは後悔していません。確かに給料は低めだったし、仕事は大変でしたが、むしろあのタイミングで経験できて良かったと思っています。

給料は少なかったけど、得るものは多かった。

一般的に大卒の初任給は20万円前後だと言われています。一方、私が当時働いていたクリニックは月収16万円。確かにちょっと少なかったですね。給料面だけで言えば確かにもったいなかったのですが、その分多くのことを経験させてもらうことができました。

一番勉強になったのは接遇面。

私がクリニックに就職した年は新入社員が自分しかいなかったので、サービス業の経験が豊富な院長先生の奥さんに接客の基礎からみっちりと教育されました。挨拶や言葉遣いはもちろんのこと、笑顔の練習から姿勢の矯正、メイクや髪型についてまでマンツーマンで指導されました。

今だったら耐えられないと思いますが、当時の私は「早く一人前になりたい!」という向上心があったので、なんとか続けられていました。この時の経験が基礎になっているからか、後に一般事務として転職した企業でも電話対応や接客応対を褒められることは多かったです。

仕事だけでなく私生活で役立つことも多いので、当時は辛い思いもしましたが、あの時経験しておいて良かったなと思っています。

コミュニケーションスキルも磨かれた。

クリニックに来る患者さんの中には、具合が悪くて落ち込んでいたり、イライラしている方も多いです。相手の気持ちを考えない雑な対応をしていると、知らず知らずのうちに患者さんを傷つけてしまうこともあります。

一方で、患者さんの中には受付の私たち事務員とお話がしたかったり、ちょっとしたコミュニケーションを求める高齢者の方もいます。目の前の患者さんに自分が何を求められているのか、何をしてあげられるのかを考えながら対応することが大切です。医療事務員として責任を持って仕事をしていれば、そうしたスキルは自然と身についていくと思います。

バイトでも接客をしたことのない私にはすごく難しいことでしたが、こういった経験は他の仕事に転職した際にもすごく役に立ちました。どんな仕事でも人と人のつながりがあるので、社会人一発目に医療事務として働けたことは良い経験だったなと今になって思います。

「もったいない」と言われても、気にならないためには・・

これまで様々な職種を経験してきましたが、正直な話医療事務や調剤薬局事務がダントツで大変でした。。忙しいし、仕事の幅は広いし、イレギュラーなことは多いし・・でも、だからこそ一番自分を成長させてくれた仕事だったなと改めて思っています。

一方で、もったいないと言われてしまう理由もわかります。医療事務は給与が低いのはもちろんですが、病院によってはボーナスがなかったり、小さなクリニックだと人員が限られているため産休・育休を取るのが事実上難しいこともあると思います。(私の働いていたクリニックはそんな感じでしたorz)

もちろん、福利厚生や教育体制がしっかりとした病院もありますが、経験上そういうところは求人倍率も高いんですよね。。

大切なのは、自分が学びたいことが分かっていること。

色々と経験した今になって思うことですが、大切なことはこの先自分は何がやりたいのか、そのためにどんなことを学びたいか、その場所でそれらを学ぶことができそうかを見極めることかなと思います。それさえしっかりと分かっていれば、他の人に「もったいない」と言われても気にならないはず。

私は就活中これがきちんとできていなかったので、自分自身の決断に自信が持てず悩んでばかりの日々でした。。なかなか難しいことかもしれませんが、これを頭に入れながら就活するだけでも違うと思います。

最後に・・

色々と偉そうなことを言ってみましたが・・私自身医療事務は1年半で辞めてしまっていますorz上司との関係がうまくいかず、退職し別の道に進みました。。ただ、医療事務の仕事自体は好きだったので、また機会があれば挑戦してみたいなと思っています。

周りに色々と言われ、悩んでしまうことも多いと思いますが、最終的に重要なのは周囲の意見ではなく、自分がどうありたいかです。迷ってしまった時には自分自身について今一度深く掘り下げて考えてみるといいと思います。

あなたの就職活動がうまくいきますように!ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

自分にぴったりの仕事、探してみませんか?

「自分にはどんな仕事が向いているんだろう?」って悩むことありますよね。。

CMでおなじみのユーキャンでは、心理学を使ってあなたにぴったりの講座を見つけるユーキャンのぴったり講座診断を受けることができます。

質問は全部で30問。私もやってみましたが意外な職業の講座が出てきて驚きました。性格診断なんかもしてもらえて、心理テストみたいで面白かったです。

あなたに合った講座を教えてくれるので「就職に役立つ資格が欲しいけど、何を選べばいいか分からない・・」なんていう方にもおすすめです!無料なので気軽に診断してみてください。

また、ユーキャンには今回記事の中で紹介した「医療事務」の講座が自宅で受験できる講座もあります。

通信講座なので、お子さんがいらっしゃる方や忙しい方でも自宅で自分のペースで進められます。しかも、資格試験はテキストを見ながらでOK!暗記などする必要はありません。勉強は苦手なのですが、これなら私も取れそうな気がします・・!

資料請求は無料ですので、興味のある講座があればお気軽に資料請求してみてください。

>>ユーキャンの医療事務講座