【検証】椅子の代わりにバランスボール!夫の腰の痛みは消えるのか?2ヶ月使った感想を聞いてみたよ。

スポンサーリンク

「だめだ、腰が死んだ」

少し前までの夫の口癖です。在宅で仕事をしているのですが、長時間PCの前に座って作業しているので、どうしても腰に負担がかかってしまうとのこと。

椅子も悪かったんですよね。プラスチック製のかったーーい椅子に座ってたんで、余計に腰を痛めてしまったようです。

夫の腰が崩壊する前に何か手頃な値段で腰に負担がかからない椅子を買おう・・と探しているうちにたどり着いたのが「バランスボール」でした。値段も手頃だったので早速購入。2ヶ月前のことです。

最近ではオフィスの椅子に採用している会社もあると聞きますが、実際のところどうなんでしょうかね。

今回は、バランスボールがもたらす健康への効果と、この2ヶ月ほどバランスボールを椅子の代わりに使用してみた夫の感想をまとめてみました。

バランスボールに興味のある方の参考になれば幸いです。

バランスボールがもたらす効果とは?

姿勢が矯正され、身体のゆがみがとれる

長時間デスクに座って作業していると、だんだん姿勢が崩れてきますよね。猫背になってしまったり、ついつい肘をついていたり、知らない間に変な体勢になっていることあるんじゃないでしょうか。こういった習慣は身体のゆがみだけでなく、肩こりや腰痛を引き起こす原因にもなります。

バランスボールに安定して長く楽に座るには、重心を正しい位置に置き、腹筋や背筋などの筋肉をバランスよく使わなければいけません。また、背もたれがないので自然と背筋が伸び、姿勢がよくなります。長時間バランスのよい正しい姿勢を保つことで、普段使わないインナーマッスル(身体の深層部にある小さな筋肉)が鍛えられ、身体のゆがみも解消されます。

腰痛が解消される

腰痛の主な原因は腹筋と背筋の衰えなんだとか。

上にも書きましたが、バランスボールは不安定なので、座っているだけでも自然と身体がバランスをとろうとします。この時に普段使わない筋肉を使うので、知らず知らずのうちに全身の筋肉がバランスよく鍛えられ、腰痛の予防、解消につながっていきます。

脂肪燃焼効果

バランスボールで普段使わない筋肉が鍛えられ筋肉量が増えれば、おのずと基礎代謝も上がっていきます。基礎代謝が上がれば脂肪を燃やしやすい身体へと変化していきます。

より効果的に脂肪を燃焼させたい方は座るだけではなく、エクササイズも取り入れるといいかもしれません。

参考:All About Beauty

実際椅子の代わりに使ってみた夫の感想

バランスボール2

2ヶ月ほど椅子の代わりにバランスボールに座って作業していた夫の感想と私の考察です。

ちなみに我が家で使っているバランスボールはこれ。

お値段2千円弱とバランスボールにしては非常に安価です。とってもシンプルなデザインで部屋のインテリアの邪魔にもなりません。バランスボールが身体に合わなかった時のリスクも考え、最初は安いものから試してみました。

腰の痛みは感じなくなった。

固い椅子のせいか運動不足のせいか「腰が痛い」としきりに言っていた夫。バランスボールを使いだしてからは、痛みを感じることはなくなり、腰が痛かったということすらも忘れていたようです。

バランスボールによって筋力が鍛えられ、姿勢もよくなったことが大きな理由だと思いますが、時折ボールの上で腰を回してみたり、ぼよんぼよんと跳ねてみたりしていたこともよかったのかなと。長時間同じ体勢にならず、時折身体を動かすことも大事なポイントのようです。

意外にすぐ慣れる。思ったよりきつくない。

私が一番疑問に思っていたのは、普段使わない筋肉使うのって実は疲れるんじゃないの?ってことです。疲れて仕事どころじゃない気がするんだけど・・?

夫いわく「固い椅子に座ってるほうがよっぽど疲れるよ」とのこと。最初からさほど違和感は感じず、すぐ慣れたと言っていました。

「椅子に背もたれはいらない」なんて言葉も明言していました。背もたれがあるから、背筋が伸びないんだと。まあ確かにね。

ただ、蒸れる。夏はきついかも。

唯一デメリットとして挙げていたのはこれです。我が家で使っているバランスボールはラバー製なので、蒸れてベタつくのが時折不快になるようです。調べてみると、同じ悩みを持つ方は多いようで、蒸れ対策として布やタオルを敷いて座っているという方もいました。

他にも、通気性に優れたカバー付きで蒸れを予防できる画期的なバランスボールもありました。本当はこういうの買ってあげたいんですけどね。まあそのうち。

ウェルネスボールアクティブシッティング ActiveSitting テクノジム
テクノジム ジャパン株式会社
売り上げランキング: 66,792

椅子の代わりに使う場合の注意点

身長に合わせてサイズを選ぶこと

バランスボールは身長に合ったサイズのものを選ぶことが重要です。サイズの合わないものを使っていると、逆に腰痛や身体の不調の原因になってしまうこともあるんだとか。ポイントとしてはバランスボールに座った時に膝が90°に曲がるサイズがよいとされています。

一般的には、身長150㎝以下の人は45㎝、150〜165㎝の人は55㎝、165〜185㎝の人は65㎝、185㎝以上の人は75㎝が目安のサイズと言われています。実際うちの夫は181㎝なので、65㎝のバランスボールを使用しています。

参考:バランスボールの使い方

正しい座り方を心がける

バランスボールに座っていて、痛かったり疲れたりする方は、正しい姿勢で座れていないことが原因かもしれません。ポイントは、バランスボールの中心に腰をかけ、膝の角度が90°になるように座り、真上からひっぱられているように背筋を伸ばすことです。

正しい座り方を心がけると、楽に長い時間座っていられるようになるそうです。逆に無理な体勢で座ると腰痛や身体の不調の原因になってしまうので、注意が必要です。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか。バランスボールを椅子の代わりにするという方法、最近じわじわ流行ってきているようです。最初は半信半疑で試してみましたが、我が家の場合は大成功でした。

ただ、合う合わないは人それぞれだと思うので、メリット・デメリットを考慮しながら、検討してみてください。どうしようかお悩みの方は、安いものから試してみるのもよいと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。ありがとうございました。