結婚1年目を夫婦円満に過ごす秘訣を考える。スピード離婚なんてしたくないから。

スポンサーリンク

結婚生活の理想と現実のギャップに悩む方は多いと思います。

先日、こんな気になる調査結果を見つけました。

保険クリニックが既婚女性500人を対象に行った調査によると「現在の結婚相手との離婚を考えたことがあるか」という問いに対し「ある」と回答した女性は165人。およそ3人に1人の女性が離婚を考えたことがあるという結果になりました。

また、離婚を考えた時期については「結婚1年目」が約20%で最多。結婚して間もないはずのこの時期にもう離婚を考える女性が多かったという結果に・・。

ひぇ〜。これは男性には衝撃の結果ではなかろうか・・。

ワイドショーではよく「スピード離婚」なんて言葉を聞きますが、テレビの中だけの話ではなさそうですね・・。

ちなみに離婚を考えた原因は「価値観、性格の不一致」が一番多く、その後に「お金・仕事関係」「嫁姑、家族関係」が続いていました。

我が家ももうすぐ結婚1年目を迎えようとしています。入籍前に1年間同棲していたので、一緒に住みだして2年目。

この2年間「離婚しよう」とまで思ったことはありませんでしたが、些細なすれ違いから「ふむむ・・」と頭を悩ませた回数は数知れず。その度に夫婦2人で話し合い解決してきました。

今回は自分の実体験も踏まえ、”結婚1年目を夫婦円満に過ごす秘訣”について考察してみようと思います。新婚の時期にスピード離婚なんてしたくないからね。

新婚生活にお悩みのみなさんの参考になれば幸いです。

結婚1年目を夫婦円満に過ごす秘訣

「ありがとう」を言う習慣をつける

f5c53f383a3bee3c1cd5e696109e3968_s

同じ屋根の下で一緒に暮らしだすと、相手が自分のためにやってくれたことも、ついつい「やってもらって当たり前」だと思ってしまいがちです。旦那さんが毎日早起きして働いてくれていることも、奥さんがご飯を作って帰りを待ってくれていることも、やってもらって当たり前なことではありません。やらないという選択肢もできるけど、あなたのことを思って「やってくれている」のです。

ついつい忘れがちだからこそ、感謝の言葉を言う習慣をつけましょう。「いつもありがとう。感謝してるよ。」この言葉だけで衝突を回避できる場面は多々あると思います。

ご飯を作ってもらったら「美味しいよ」と伝える

4f4bed8919d125f7ee1a7caadb4f72c4_s

今でこそ慣れてきましたが、一緒に暮らしだして最初の頃は、毎日献立を考え買い物に行き、台所に立ち黙々と食事を作る作業はたいへん苦痛でした。仕事から帰ってきて疲れている時などはなおさらです。

そんな私がこれまで頑張ってこれたのは、夫がご飯を食べて笑顔で「美味しいよ」と言ってくれることが嬉しかったからです。それだけで疲れが忘れられるんです。嬉しくてご飯の後の洗い物だって苦じゃなくなります。そのぐらいすごい言葉なんです。

「美味しい」と思ってはいても口に出すのを忘れてしまっていることって多いと思います。事実、私も実家でお母さんにご飯を作ってもらっていた時は、無言で食べていました。今になって猛烈に反省しています。

「そういえば言ってないかも・・」って思った方、今日からぜひ言ってあげてください。この言葉でパートナーは救われます。

相手の価値観に配慮する

807bd98210c414f015244b1ff3911140_s

うちの夫は食品の賞味期限に厳しく、少しでも期限の切れているものは食べません。たまに冷蔵庫の中をチェックされるので、一緒に暮らし始めた頃は「むむむ・・」と思うこともありましたが、理由を聞いてみると「胃腸が弱いから期限の過ぎたものは恐い」とのこと。ちょう納得。早く聞いといてよかったと思いました。

それに対し、私には少し潔癖性な面があります。小さい頃怒られたのがトラウマで、床に何かがこぼれて汚れるのを極端に嫌がります。夫も始めは不思議そうにしていましたが、私が過去の話をすると納得してくれたようでした。

育ってきた環境が違うのだから、価値観は違って当然だと思います。ただ、それぞれの価値観ができた背景には、自分の体質や昔のトラウマなどが隠されていることが多いです。ちゃんと包み隠さず話せば、パートナーはきっと理解してくれるはず。

自分が絶対に譲れない部分(浮気しないとか、犯罪しないとか)以外は強く主張せず、相手の価値観に配慮し、許しながら暮らしていきましょう。

お金に関しては2人で目標を決めておく

62178eb82760cd7704539c7c418467e0_s

お金に対する価値観も人それぞれです。ただし、夫婦がこれから仲良く暮らしていくには、お金の価値観は初めにきちんとすり合わせておいた方がいいです。

そのためには「何年後までに貯金をいくらにする!」など2人で目標を決めるといいと思います。具体的に月にいくら貯金に回すべきなのか、話し合っておくべきでしょう。

共働きのご夫婦なら「10年以内に世帯収入を◯◯円アップさせる!」みたいな目標もいいですね。夫婦で一緒に目標に向かって努力していけば達成した時の喜びも大きいはず。達成できなくても努力は人間を大きく成長させてくれます。仕事を頑張るのが楽しくなりそうですね。

スキンシップをする習慣をつける

e003a709128e5d292a9a034321b84fd5_s

一緒に暮らしていると、だんだんと夫婦のスキンシップが少なくなってくるものです。お互いがいて当たり前の「空気のような存在」になってしまい、だんだんと興味がなくなってくる・・なんてことも。

新婚のうちから、毎日スキンシップをする習慣をつけておきましょう。朝会社にいく前にぎゅっと抱きしめたり、寝る前にほっぺにキスをしたり、そんな可愛いコミュニケーションでもいいです。毎日することが大事。

前に寝る前に5分マッサージをする習慣を作るという内容の記事を書きました。夫婦のスキンシップとしてマッサージもとても効果的です。ぜひ参考にしてみてください。

パートナーの家族と良好な関係を築いておく

b43ad52a18fa3767f747067400953b74_s

離婚の原因の一つに「嫁姑、家族関係」がランクインしていましたね。これも難しい問題ですよね。

うちの夫の両親は旅行が好きで、私と夫を誘ってよく旅館などに連れて行ってくれます。私はもともと人見知りな性格なのでとても緊張したし、夫の家族と会う長期休みが少し億劫でした。

それが先日、お義父さんの病気をきっかけに2週間ほど夫の実家に泊まったことがあったのですが、長期間一緒に過ごすことで、少しずつですが義両親と仲良くなることができました。今ではたまにLINEをするくらい良好な関係を保てています。

これから長い人生を家族として歩むことになります。ずっと義両親との関係に悩むくらいなら、頻繁に会いに行くなどして仲良くなっちゃう方が楽なのかな、と思ったりもします。自分を飾らず、素直に接すればきっと仲良くなれるはず。・・なんて、それが難しいんですけどね。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか。実際結婚1年目を過ごしてみた実体験からまとめてみました。

こんな風にできたらいいんですけどね〜実際は難しいですよね・・。頭では分かっていても行動するとなると、なかなかね。自分でも書きながらそんな風に思っていました( ;∀;)

夫婦にはそれぞれのあり方があると思います。合う合わないがあると思うので、こんな意見もあったな〜ぐらいで少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。