【経験談】人見知り主婦が初めて夫の親戚に顔見せした時の話。緊張せず上手く乗り越えるためのコツなど。

スポンサーリンク

結婚2年目のお盆。新米主婦の私に、試練の時がやってきました。

そう、夫の親戚に初めて会うことになったのです。お盆に夫の祖母のお宅に親戚が大勢集まるということで、そのタイミングで私の顔見せをすることになりました。

正直、極度の人見知りである私にはかなり憂うつなイベントでした。お義父さんやお義母さんとすらまだ緊張してうまく話せないのに、初対面の親戚の方々とうまくコミュニケーションがとれるのだろうかと。何ヶ月も前からカレンダーを眺めては、その時のことを考え胃をチクチクと痛めていました。

今回はそんな私が夫の親戚付き合いの第一歩を、どのようにして乗り越えたのかをまとめていきます。私と同じような状況で悩んでいる方のお役に少しでも立てれば嬉しいです。

夫の親戚に会うにあたって、私が不安に思っていたこと。

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

夫の親戚に会う前、私がどのようなことに悩んでいたのか、下記に整理してみました。

  • うまく会話ができるだろうか。
  • お手伝いはどの程度すればいいのだろうか。
  • ちゃんと受け入れてもらえるだろうか。
  • 気遣いのできない嫁だと呆れられたりしないだろうか。

などなど。挙げたらきりがないですが、だいたいこんなことで悶々としていました。きっと同じような不安を思い浮かべる方多いんじゃないかなと思います。嫁としてどう立ち回ればいいのか、少しでも間違ったことをすれば「気が利かない」と思われるんじゃないかなど、色々考えすぎて頭がパンクしそうになっていました。

実際会ってみて、どうだったのか。

a295414e615be13a47bc7ff9b6712589_s

色々と不安に思っていた私ですが、実際親戚のみなさんに会ってみてどうだったのか。先に言ってしまえば、特に大きな問題もなく楽しく過ごすことができました。誰かに嫌なことを言われるとか、そんなことはまったくありませんでした。

確かに最初は大勢の人に囲まれて緊張したし、食事のお手伝いなどで少し悩むことはありましたが、それも上手く乗り切り、お婆ちゃんや他の親戚の方ともたくさん話し、それはそれは満たされた時間を過ごせました。

あれだけ悩んでいた人見知りの私が、なぜそこまで楽しめたのか。ただ単に夫の親戚が良い人ばかりだったと言ってしまえばそれまでですが、今思えばあの時ああしてたのが良かったのかなーと思うところがいくつかあったので、ちょこっと下記にまとめてみました。

人見知り新米主婦さんへ。夫の親戚の集まりを上手く乗り越えるコツ

6fc57d3b1a9b50e247585ce8622d4b07_s

色んな環境の方がいらっしゃるので、全員に通用する方法ではないと思いますが、私はこういう風にしたよ、という一つの例として、参考にしていただけたら嬉しいです。

不安なことは事前に夫に話しておいた。

夫の親戚の集まりは、お嫁さんにとってはアウェイな状態。ましてや初対面ですし、不安になって悩んでしまうのは当たり前です。

私の場合、「みんなと仲良くなりたいけど、ちゃんと会話ができるかどうか不安なんだ。」など、事前に不安に思っていることをすべて夫に相談しておきました。

夫婦で悩みを共有しておくことで、当日何か問題が起きた時、旦那さんがきちんとフォローしてくれると思います。実際、私は何か質問されて言葉に詰まった時など、何度も夫に助けてもらいました。

フォローしてもらったら、感謝を忘れずに何度も「ありがとう」と言うように心がけました。なによりもまずは夫婦が仲良くいることが親戚付き合いがうまくいく第一歩かなと思います。

食事のお手伝いなど、分からないことはお義母さんに相談した。

「夫の親戚の家に行った時、お手伝いはどこまですればいいの?」という問題。これが私の中で最大の悩みでした。

きっと私が何か手伝いますと声をかけても、「座ってていいよー」と言ってくれるんだろうなと思います。でも、そのまま座ってたら気が利かないと思われてしまいそうだし、その辺の加減が難しそうというかなんというか・・。悩みますよね。

当日はやっぱり思ってた通りで、「何かお手伝いできますか?」と声をかけても、「座ってていいのよー」と言われることが多かったです。でもみなさん忙しそうだし、何かお手伝いしたかったので、最終的には一番親しい女性であるお義母さんに相談しました。

するとお義母さんは、「じゃあ一緒に配膳だけやってもらおうかな」など仕事を振ってくれ、少しですがお手伝いすることができました。

あまりでしゃばりすぎるのも考えものだし、難しいところですが、まずはお義母さんやお義姉さんなど親しい女性に相談するのがいいのかなと思います。事前に不安なことなど伝えておくのもいいかもしれません。同じ道を通ってきた方々ですから、きっと助けてくれると思います。

私は試されに来たわけじゃない、楽しみに来たんだ、と思うようにした。

朝、家を出る前はなんだか重要な仕事の面接にでも行くような気分でした。すごく緊張し、ドキドキしながら夫の祖母の家に向かったのですが、いざ玄関を開けてみると私を待っていてくれたのはとても温かな人たちの満面の笑顔でした。「よく来てくれたねーありがとねー」と全員から言われ、すごくホッとしたのを覚えています。

お嫁さんの立場からするとどうしても、好かれる嫁でいなくちゃ!とか、嫌われないようにしなくちゃ!などと思いがちですが、親戚側は、「早く家族の中に打ち解けてくれるといいな」とか、「色々気兼ねなくお話できたら嬉しいな」とか、そんな風に思っている方が大半だと思います。

「試されてるわけじゃない、みんな私に楽しんでほしいんだ」そう思うことで、だんだん心が楽になっていきました。自然と笑顔も増え会話も弾み、少しずつですが場に馴染むことができたように思います。

最後に・・

すべて終わった今思うと、ちょっと身構えすぎてたなと思います。まるで夫の親戚が敵であるかのように考え、嫌なこと言われて傷つけられるんじゃないかと、ちょっとネガティブになりすぎていました。

旦那さんの親戚にとって、お嫁さんは家族の仲間に入ってくれたありがたい存在です。まずは仲良くなれるように思いやりを持って、笑顔で接することから心がけていきましょう。