【感想】TOHOシネマズ府中で実写版「美女と野獣」を観てボロ泣きした話。【ちょっとネタバレ】

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

先日、夫と一緒にTOHOシネマズ府中で実写版「美女と野獣」を観てきました。今回はその感想をちょこっと書いてみます。(少しネタバレあります・・!)

先に言ってしまうと、映像も歌も素晴らしくて、終始ぼろ泣きしてしまいました。映画館で泣いたのなんて久しぶりだったなぁ。

映画の感想と一緒に府中駅周辺で偶然発見した美味しいラーメン屋さんのことも書いていきたいと思います。

最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

実写版「美女と野獣」は最高のエンターテイメントでした。

今回なぜ「美女と野獣」を観に行ったかと言いますと、以前映画館で観た「シンデレラ」にすごく感動したからです。

シンデレラも映像や音楽が素晴らしかったですが、美女と野獣も負けていませんでした。映画が始まって数分で心をがっしりと鷲掴みされる感覚は、小さい頃初めてディズニーランドでパレードを見たときのあの感じを思い出させてくれました。

一番感動したのはお城の本棚のシーン。

物語の主人公である読書が好きな少女ベルが、野獣の住むお城で大きな本棚に出会うシーンがあるのですが、そのときのベルが本当に嬉しそうで、身体中から喜びがあふれていてなんだか感動してしまいました。彼女にとって新しい本との出会いがどれだけ嬉しいことなのか、観ているこちらにも伝わってくるようでした。

この辺りから野獣とも少しずつ打ち解けていき、2人の表情が柔らかく豊かになっていく過程も素敵でしたね。お互いの気持ちを確かめ合うようなきらびやかなダンスシーンは涙なしには観られませんでした。。

2時間ちょっとの間だけ日常から抜け出させてくれる、素敵な映画でした。今回字幕で観たので、次は吹き替え版でも観てみたいなぁと思っています。

映画の後は「節」でラーメンを食べました。

映画の後は府中のラーメン屋さん「節」でラーメンを食べて帰りました。公式HPはこちら

京王線の府中駅からすぐ近く、徒歩2分で着くお店です。今回映画がレイトショーだったので、23時過ぎに入ったのですが、結構混雑してましたね。

私が頼んだのは「節そば」です。鰹節の風味がしっかりとする美味しいラーメンでした。私は今回頼みませんでしたが、替え玉無料のようです。他にもいろんな種類のラーメンがあったので、また映画の帰りに寄ろうかな。

今回映画がレイトショーで夜遅かったので、閉まっていたお店も多かったのですが、ここは空いててくれて助かりました。(月〜土は25:45ラストオーダー、日・祝は23:45がラストオーダーみたいです)

府中で映画を観た後にはぜひ寄ってみてください。

最後に・・

今回は実写版「美女と野獣」の感想と、府中にある美味しいラーメン屋さんの紹介でした。

素敵な映画を観て、美味しいもの食べて、最高の1日だったなぁ。。実写版の美女と野獣が素晴らしかったので、改めてアニメ版も見直したくなりました。

皆さんも機会があれば実写版「美女と野獣」ご覧になってみてください。恋人同士やご夫婦でのデートにぴったりの映画だと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。