【経験談】医療事務の資格を通学で取得したメリット・デメリット。通信とどっちがおすすめ?など。

スポンサーリンク

「医療事務の資格を取りたいけど、通学か通信か迷う・・」

そんな風に悩んでいる方、結構多いんじゃないかと思います。

私は今から8年前、大学2年生の時に資格を取得しました。通学か通信か悩んだ挙句、結局通学で受講することを決めたのですが・・この選択をあとになって少しばかり悔やむことになりますorz

今回はその時の体験談と、通学で資格を取得して良かったこと、悪かったことをまとめてみたいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

私が医療事務の資格を取得しようと思った理由。

私が医療事務の資格を取得したのは、「ちゃんと就職できるか不安だったから」というのが正直な理由です。

当時は就職氷河期と言われていた時代で、内定がとれず就職浪人する学生がたくさんいました。「自分もそうなるんじゃないか・・」と不安だった私は、当時CMでよく流れていた医療事務の資格を大学在学中に取得することを決意しました。

もちろん、医療事務の仕事は資格がなくてもできることは知っていましたが、医療事務がどんな世界なのか知りたかったのと、まったくの未経験よりは資格を持っていた方が有利なんじゃないか・・?と思い、講座を受けてみることにしました、

通学での取得を決めたきっかけ。

医療事務の資格を取得するには、決められた教室に通って受講する「通学講座」と、自宅でテキストや動画を使って勉強する「通信講座」の2種類があります。

大学もバイトもあるし通信にしようか迷ったのですが、自分1人で勉強を続けられるか不安だったため、結局通学での受講に決めました。ただ、スケジュール管理が大変で、やり始めてから「やっぱり通信にすればよかった・・」と少し後悔しましたorz

通学で医療事務の資格を取得して感じたメリット・デメリット。

私が実際に経験して感じたことを簡単にまとめてみたいと思います。

①怠けることなく続けられた。

通学だと時間も場所もある程度決まっているので、「行かなきゃいけない」という使命感から怠けずに通うことができました。家だとどうしても面倒になってやらなくなってしまうこともあるかと思いますが、最後まで緊張感を持って達成できたのは大きなメリットでした。

ただ、同じく医療事務の講座を受けた友人は、通信講座でしたが自分のペースで勉強し合格することができていたので、結局は本人のやる気次第なのかなと思います。。

②分からないことをすぐに教えてもらえた。

通学の最大のメリットはこれです。講師の先生に直接教えてもらえるので、分からないこともすぐに聞くことができます。

通信講座でもメールで質問が聞けたり、フォローがしっかりしているところも多いと思いますが、直に聞くのが一番確実だし早いので、これはすごく特でした。

③費用が高かった。

ここからデメリットです。医療事務の講座は通信より通学の方がお金がかかります。通信だと5万円以内で取得できるところも多いですが、通学を選んだ私はもろもろ込みで10万円くらいかかってしまった記憶があります。(今はもうちょっと安くなってるかもしれません。。)

また、私の家から教室まではバスで通わなければならなかったので、別に交通費がかかってしまったのもデメリットだったなと思います。。

④スケジュール管理が大変だった。

当時の私は大学の勉強もバイトもあったので、スケジュールの管理が大変でした。。これに関しては通学を選んだ時点で覚悟はしていたのですが、先生によっては宿題が出ることもあり、学校の勉強との両立に苦労したのを覚えています。。

また、私の家から教室までは結構距離があったので、通う時間もちょっともったいなかったかなーとも思いました。

⑤同じ教室に合わない人がいて辛かった。

通学で一番苦労したのがこれです。。通学初日に自己紹介をしたのですが、私が大学生だと言うと「学生なら資格を取らなくても就職できるのに、もったいない」と受講生の方から小さな声で言われたことがありました。。

その後も何かとその方に絡まれることが多く、精神的に消耗する日々でした。教室を変更しようかとも思いましたが、そうすると家から離れてしまうので我慢するしかありませんでした。

こんなことはかなり珍しいケースだと思いますが、余計な心労が増えるのは辛かったです。。

もう一回受けるなら、通信講座を選びます。

以上のことを踏まえたうえで、私がもしもう一度医療事務の講座を受けるなら、次は通信講座を選びます。通学だと緊張感を持ちながら続けられたのはよかったのですが、人付き合いを気にすることなく、自分でスケジュールを立てて家で勉強する方が私には合っていたかなと思いました。費用も結構かかりましたしね。。

「自宅で勉強すると怠けてしまう」「仲間と一緒に頑張りたい」という方は通学の方が向いていると思いますが、逆に「余計な人付き合いをしたくない」「自分のペースで勉強したい」という方には通信がおすすめです。

結局、医療事務の資格は役に立った?

苦労して取得した医療事務の資格ですが、私は役に立ったと思っています。

もちろん、仕事自体は資格がなくてもできるのですが、就活の時に「未経験でも医療事務として働きたい!」というやる気や姿勢を見せることができましたし、そのおかげか何人もの希望者の中からクリニックの正社員として採用されることができました。

また、資格の講座で勉強したことは実務でも役に立ちました。勤務初日に電話対応をまかされたのですが、電話先で「レセプト」や「返戻」など専門用語を使われても、先に勉強して意味を知っていたので、慌てず落ち着いて対応することができました。

通信で医療事務の資格を取るなら・・

CMでもおなじみのユーキャンには、およそ4ヶ月で医療事務の資格を取得できる通信講座があります。

「1人で続けられるか不安・・」という方でも、専用のサイトでペース配分を考えたスケジュールを立てることができますし、テキスト学習だけでなく、スマホやパソコンで講師の先生の解説動画を見ることもできます。

しかも、資格試験は自宅でテキストを見ながらでOK!暗記などする必要はありません。すべてがマークシート方式なのも嬉しいポイントです。

資料請求は無料ですので、気になる方はお気軽に資料請求してみてください。

>>ユーキャンの医療事務講座

医療事務の仕事は大変ですが、患者さんに感謝されることも多いですし、やりがいは確かにある仕事だと思います。医療事務の資格を取ろうかな?と思っている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。