【口コミ】アイリスオーヤマのカラーボックスECX-3を買ってみた!組み立て方や実際に使ってみた感想など。

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

先日ずっとずっと欲しかった本棚をゲットしました。

それがこちら、アイリスオーヤマのカラーボックスECX-3です。カラーはブラックがよかったのですが、売り切れだったので茶色(ピーチ)にしました。お値段は1,700円ほど。

洋服をしまうのに使ったり、飾り物や小物をしまうのに使ったり、いろいろ使い方ができるカラーボックスですが、私は今回本棚として使用することにしました。

リーズナブルなわりにしっかりとしていて気に入ったのですが・・この商品届いた板材を自分で組み立てないといけないんですよね。。DIYを普段からやる方なら簡単かもしれませんが、慣れてない女性一人だと若干大変かもしれませんorz今回は夫に協力してもらいながら組み立てました。

今回は、そんなアイリスオーヤマのカラーボックスECX-3の組み立て方と、実際に使ってみた感想をまとめていきたいと思います。

カラーボックスECX-3が届いた!

なにやら細長いダンボールが届きました。結構な重量感です。。



全部組み立て終わってから気付いたのですが、この商品ダンボールに組み立て方の説明書が書いてあります。このやり方なら1人でも組み立てられそうですね。横からドライバーするのがちょっと難しそうな気もしますが。。

どんな材料が入っているかもダンボールに書かれてます。片付けるまで気付かなかったよ・・orz

中身はカラーボックスの側面になる大きな板が2枚、天板が2枚に棚板が2枚、薄い背面板が3枚に、ネジとネジを隠す用のシールが16ずつ入っていました。材料は全てあるか、板やネジに不具合がないかなど、この時点で確認しておきましょう。

組み立てるための道具は入っていないので、別途プラスドライバーが必要です。

実際に組み立ててみよう!

ではでは、夫に協力してもらいながら組み立てていきます。

まずは側板に棚板(溝が両面にある板)をくっつけていきます。私が側板と棚板を支え、夫がネジを打つような形でやっていきました。真ん中2つの棚板が固定されたら、端っこの天板(溝が片面だけの板)も同様に固定していきます。最後までネジを入れきっててしまうと穴が広がってしまい、やり直すのに苦労するので(1回失敗しましたorz)とりあえず仮止めしています。

全部仮止めが終わり、ネジの穴に不具合がないことを確認してから奥まで締めていきます。

側板に棚板と天板をつけ終わったら、背面板を入れていきます。私たちは最初この工程を飛ばし、背面板の入っていないボックスが出来上がってしまい・・やり直すのに苦労しましたorz

背面板をつけ終わったら、反対側の側板をネジで固定します。

最後にネジの部分をシールで隠し、完成!

こんな感じになりました。結構しっかりずっしりしています。

実際に使ってみた感想。

実際に物を入れてみると、こんな感じに。本棚にすると言いつつ、雑貨がかなり増えちゃってますね・・。若干ごちゃごちゃしていますが、まるで我が家に昔からあったかのように自然に馴染んでくれています。

収納スペースも結構広かったですね。棚板1枚あたり10kgまでの重さなら耐えられるそうです。机に散らばっていた本やら雑貨が一瞬で片付きました。感謝。

本や収納したい雑貨がたくさんある方は2つ横に並べてもいいかもしれませんね。

カラーは他にもホワイトとブラックがあったので、お部屋の雰囲気に合わせて選べるのも嬉しいポイント。次はブラックが欲しいな。

最後に・・

今回はアイリスオーヤマのカラーボックスECX-3のレビューと組み立て方の紹介でした。

てっきり既製品が届くものとばかり思っていたのでびっくりしました。ただ、慣れてない方でも2人でやればすぐに作れますし、1人でも説明書のように横からネジを締めるやり方ならそこまで苦労せず作れるかと思います。

なにはともあれ、買ってよかった!

  • 安価でシンプルな棚を探している。
  • 板を組み立てる作業が苦じゃない。

こんな方にはおすすめです。

少しでも参考になれば嬉しいです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。