【口コミ】化学調味料無添加のだしパックなら「UMAMIの旅」がおすすめ!日本各地のだしを楽しめます。

スポンサーリンク

「化学調味料無添加のだしパックが欲しい」「もっと料理の味を洗練させたい」

今回は、そんな方におすすめのだしパック「UMAMIの旅」をいただいたので、その紹介をしていきたいと思います。

実際に料理に使った画像なども載せていきますので、使い方の参考にしていただけたら幸いです。

「UMAMIの旅」ってどんな商品?

「UMAMIの旅」は、創業60年をこえる老舗のだし屋フタバさんによって発売された商品です。パッケージがナチュラルな感じで、なんとも可愛いですよね。

化学調味料・保存料は無添加。原料は国産のものを使用。科学的な「うまみ」成分の分析にプラスし、熟練の職人さんの感性や技術力によって作られた商品なんだそう。これだけでだいぶ期待できそうですね・・!

そんな「UMAMIの旅」には、日本各地で使われている5種類のだしパック(鰹と昆布・合わせ・いりこ・あご・悟りだし)が入っています。

それぞれ袋にだしの取り方や、そのだしのコクやキレ、余韻などを科学的に分析したマップが書かれています。それぞれの味の違いを楽しみながら食べるのも楽しそう。

付属のパンフレットには、それぞれのだしパックを使ったレシピも紹介されています。どれも簡単にできそうなものばかりです。

実際に料理を作ってみました。

ではでは、早速「UMAMIの旅」を使って夕食を作ってみたいと思います。

今回は「鰹と昆布」「いりこ」を使います。

「鰹と昆布」は、だしご飯に。

付属のパンフレットにある「だしおにぎり」を真似して、鰹と昆布のだしパックの中身をご飯に混ぜてみました。

ビリビリ破って中身を出してみると、こんな感じ。ちょっと指につけて舐めてみましたが、味がしっかりしておいしかったです。渋みやえぐみがまったくありません。

これをご飯にかけて、まぜまぜ。すでにおいしそう。

レシピだとこれに醤油を混ぜておにぎりにしていましたが、今回は上にしょうゆに漬けたマグロとアボカドをのせて丼にしてみました。

「いりこ」は、お味噌汁に。

いりこはお味噌汁に使います。こちらも付属のパンフレットにあるお味噌汁のレシピを参考にしました。

あらかじめ具材を煮てお味噌を溶いたところに、いりこだしの中身を入れていきます。

そのままかき混ぜて完成。部屋中にいい香りが漂っています。

夕飯が完成!味はどうだった?

夕飯のマグロアボカド丼とお味噌汁が完成しました。

だしご飯は味がしっかりして、えぐみが全くなくマグロやアボカドとの相性抜群でした。このままお茶漬けにしてもおいしそう。

いりこだしを使ったお味噌汁は、「味が深くて上品!」と夫が大絶賛していました。まるでいつものお味噌汁がレベルアップしたかのような、香りと余韻が楽しめるおいしい味になります。だしだけでこんなに変わるんだなーと、ちょっとびっくり。

お蕎麦にも使ってみたよ。

「合わせ」をお蕎麦のつゆにも使ってみました。

今回はパックを破かず、そのまま水で煮ていきます。

沸騰後3分煮出せば完成!

他の具材と混ぜてつゆを作ります。

味付けをしてできあがり。いつもは顆粒だしで作っているレシピですが、だしが変わるとこうも味が違うのか!とびっくりするくらいキレと深みのある上品な味になりました。

うちの夫は人よりかなり味覚が敏感なのですが、「キレがあって好きだなぁ・・」とつゆを全部飲み干してくれていました。多分すごく気に入ってくれたんだと思います。

最後に・・

今回は、化学調味料無添加のだしパック「UMAMIの旅」を使ってみた感想でした。

「和食はだしが大事!」なんて頭では分かっていましたが、今回改めて実感させられました。。このだしパックを使うだけで、いつもの和食がワンランクレベルアップしたような、洗練された味に仕上がります。

化学調味料や保存料が無添加なのも嬉しかったですね。うちの夫は化学調味料のとがった味が得意ではないので、このだしパックはすごく気に入ったようでした。

  • 化学調味料・保存料無添加のだしパックが欲しい。
  • 和食の味を洗練させたい。
  • 日本各地のいろんなだしを楽しみたい。

こんな方にはとくにおすすめです!5種類のだしパックが楽しめて648円。なかなかお買い得かなと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。ここまで読んでいただきありがとうございました。