【経験談】医療事務から調剤薬局事務へ転職した時の話。志望動機や面接で聞かれた質問など。

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけです。

今回は、私がクリニックの医療事務から調剤薬局事務に転職したときのお話を書いてみたいと思います。

履歴書に書いた志望動機のことや、面接で質問されたことなど、当時を思い出しながらなるべく具体的に書いてみたので、「医療事務から調剤薬局事務に転職したい」「調剤薬局事務の仕事が気になっている」という方に参考にしていただければ嬉しく思います。

調剤薬局事務の詳しい仕事内容については下の記事に書いていますので、そちらも合わせて読んでみてください。

>>調剤薬局事務の仕事って大変?実際に働いた経験から感じたメリット・デメリットなど

医療事務から調剤薬局事務へ転職した理由。

私が医療事務から調剤薬局事務へ転職した理由は、ずばり「家の近くに薬局があったから」です。

当時引越しをしたばかりで新しい就職先を探さなければならなかったのですが、転居先の近所にあった薬局がたまたま事務の正社員を募集していたので応募しました。

今までクリニックの医療事務しかしてこなかったので、「薬局でやっていけるか不安・・」という気持ちも多少ありましたが、それ以上に家の近所で働けることに魅力を感じてしまい、まぁなんとかなるかーなんて楽観的な気持ちで挑戦してみることにしました。

志望動機はどうした?

いざ新しい仕事を始めるとなると、悩むのが志望動機の書き方ですよね。。

私の場合は、「人のサポートをすることにやりがいを感じること」を、これまでの経歴と絡めつつ書きました。

具体的にいうと、私は以前クリニックでの医療事務をしていたので、そのとき先生や看護師さんのサポートをする役割にやりがいを感じていたことを書き、薬局でもその経験を生かして活躍していきたい・・というような感じでまとめました。

調剤薬局事務の仕事は患者さんと接する機会も多いですが、それ以上に薬剤師さんのサポートをする裏方的な仕事も多いので、これまで誰かをサポートするような仕事をしてきた方は、いいアピールポイントになるんじゃないかと思います。

面接で聞かれた質問は?

  • 前職のクリニックについて。
  • 家の近さ。通勤について。
  • 前職を辞めた理由。
  • 高齢の方が多いけど大丈夫?
  • 子どもは好き?
  • 体力には自信ある?

面接で聞かれた質問は、だいたいこんな感じです。

前職のクリニックについては、一日に何人くらいの患者さんが来ていたか、受付は何人体制でやっていたのかなどを聞かれました。どのくらいの忙しさで仕事していたのかを知りたかったのかな?と思います。

あとは定番の質問、前職を辞めた理由についても聞かれましたね。私の場合、一番の理由は引越しだったのでその話と、クリニックでの医療事務にこだわらず、薬局での事務職も経験したいと思っていることを話しました。

ちなみに、私の面接を担当してくれた方はその薬局を運営しているオーナーのおじ様でした。すごく気さくな方で、面接というよりかは雑談の中で少しずつ質問されるようなスタイルだったのを覚えています。

下の記事で面接や実務のときに使えるおすすめのコスメも紹介していますので、「これから転職活動するよー」って方に参考にしていただければ嬉しいです。

>>医療事務や調剤薬局事務におすすめのメイクアイテム11個。実際に使っていて好感触だったコスメなどご紹介します。

実際に働いてみて、思ったこと。

私が働いていた薬局はとても忙しいところでしたが、仕事自体はとても楽しかったです。病院の医療事務とは違い体を動かすような仕事も多かったので慣れるまで時間はかかりましたが、仕事に慣れるにつれ周囲から頼りにされることも増え、やりがいも感じられるようになりました。

一番大変だったのは、やっぱり人間関係ですかね。。これは薬局によると思いますが、私が働いていた薬局はスタッフ同士の仲があまりよくなく、正直働きやすい環境ではありませんでした。。詳しくは下の記事に書いていますので、興味のある方に読んでいただければ嬉しいです。

>>調剤薬局事務でつらかったこと、楽しかったこと。実際に働いてみた経験から具体的に書いてみました。

スタッフ同士がいい関係で繋がっている働きやすい環境の薬局もたくさんあるはずなので、可能なら働く前に見学してみることをおすすめします。働いている方の表情や雰囲気などを観察してみるだけでも、何か感じるものはあるんじゃないかと思います。

最後に・・

今回は、クリニックの医療事務から調剤薬局事務に転職した時の話をまとめてみました。

採用に関しては、医療事務の経験や資格があるということで結構優遇されたように思います。働き始めてしばらくしてから、実際に薬局のオーナーさんに私を採用した理由を聞いたことがあったのですが、医療事務の経験があったことと、資格を持っていたことが決め手になったようでした。

色々と偉そうに書いてみましたが・・あくまで私個人が経験した話なので、一つの例として参考にしていただければ幸いです。

あなたの転職がうまくいきますように!ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

自分にぴったりの仕事、探してみませんか?

「自分にはどんな仕事が向いているんだろう?」って悩むことありますよね。。

CMでおなじみのユーキャンでは、心理学を使ってあなたにぴったりの講座を見つけるユーキャンのぴったり講座診断を受けることができます。

質問は全部で30問。私もやってみましたが前から少し気になっていた職業の講座が出てきて驚きました。性格診断なんかもしてもらえるので、心理テストみたいで面白かったです。

自分に合った講座を教えてくれるので「就職に役立つ資格が欲しいけど、何を選べばいいか分からない・・」なんていう方にもおすすめです!無料なので気軽に診断してみてください。

また、ユーキャンには今回記事の中で紹介した「調剤薬局事務」の講座が自宅で受験できる講座もあります。

通信講座なので、お子さんがいらっしゃる方や忙しい方でも自宅で自分のペースで進められます。しかも、資格試験はテキストを見ながらでOK!暗記などする必要はありません。勉強は苦手なのですが、これなら私も取れそうな気がします・・!

資料請求は無料ですので、興味のある講座があればお気軽に資料請求してみてください。

>>ユーキャンの調剤薬局事務講座

>>ユーキャンの医療事務講座