【口コミ】日本製の月経カップ「ローズカップ」を使ってみたよ。最初は怖いけど慣れればとっても快適です!

スポンサーリンク

こんにちは、新米主婦の小日向もけです。

今回は、ずっと前から気になっていた第三の生理用品「月経カップ」をお試しさせていただいたので、実際に使ってみたレビューをしていきたいと思います。

私が使ったのはこちらの「ローズカップ」です。これまで月経カップというと海外のものしかありませんでしたが、ローズカップは純国産。サイズも日本人の体型に合わせて作られています。

正直、使う前は「月経カップって痛くないのかな?」「経血がモレてこないのかな?」と不安でしたが、実際使ってみると驚くほど快適でした。異物を入れるということで最初はびくびくしながら使ってましたが、慣れるとなんてことなく使えるようになりましたよ。

ずっと前から気になっていたけどなんとなく不安で使わなかったのですが、「もっと早く使っておけばよかったなー」と思うくらいでした。

月経カップってどんなもの?

そもそも月経カップとはどんなものかといいますと、シリコン製のカップでできた生理用品のことをいいます。ナプキン、タンポンに続いて「第三の生理用品」なんて呼ばれていますね。

私が月経カップの存在を知ったのはほんとに最近なのですが、海外では1930年代から使用されていたそうですよ。

繰り返し使えるから経済的。

月経カップはタンポンと同じように体内に入れて使用します。大きな違いは繰り返し使えるという点ですね。タンポンは一度使ったら捨ててしまいますが、月経カップは一定時間カップの中に経血を溜めたあと、捨てて綺麗に洗浄し、また使用することができます。

生理が終わった後も綺麗に洗浄、保存すれば数年間は繰り返し使用することができます。最初だけ本体を買うための費用がかかってしまいますが、毎月ナプキンやタンポンを買い続けるお金を考えると、かなり節約になるんじゃないかなぁと思います。

最長12時間取り替え不要。

生理2日目であっても、朝出かけて夜帰ってくるまで約12時間取り替え不要です。個人差はありますが、ナプキンやタンポンより長時間もってくれます。

私の体験談なのですが、以前医療事務として働いていたときに、あまりに忙しすぎてナプキンを取り替えることができず、白衣に血がついてしまい気まずい思いをしたことがあったので、その時の自分に使わせてあげたかったなー・・と思いました。

「忙しくてなかなか交換できない」という女性におすすめです。

肌荒れやにおいが気にならない。

生理がはじまると気になるのが独特のにおいや肌のかゆみですが、月経カップなら経血が外気や肌に触れないので、においやかぶれを起こしにくいという特徴があります。

実際使ってみて実感しましたが、肌がムレてかゆくなる感じがなくなっただけでかなり快適でしたよ〜。

実際にローズカップを使ってみた感想。

ローズカップの箱の中には、本体と説明書、保存用のケースと使い捨ての手袋が入っています。本体は真空パックされてました。

使い捨て手袋は5枚入ってます。

外出先で取り外す時など手に血がついてしまうと面倒なので、使い捨て手袋がついてくるのは嬉しいですねー。

保存用の小ぶりなケースは持ち運びにも便利なサイズ。口が少し固いですが、ケースの側面(PUSHと書いてあるところ)を押しながら開けるとスムーズにひらきます。

本体のローズカップはこんな感じです。リップクリームと並べて置いてみましたが、なんとなく大きさが分かりますでしょうか・・?

シリコンなので柔らかいですが、タンポンに比べると結構大きく感じますね。最初見たときは、「これが体内に入るの・・?」と少しギョッとしましたw

上から見るとこんな感じ。写真だとちょっと見えませんが、経血の量がわかりやすいようにカップの中にメモリがついています。使用前には鍋に十分なお湯を入れ、カップが底につかないように煮沸するか、耐熱容器に入れてレンジで数分間煮沸して消毒をしてください。ちなみに私はレンジを使いました。

入れ方は2通り。つぼみ型がおすすめ。

ローズカップは、このままだとスムーズに入れることができないので、折り曲げてから挿入します。

説明書によると、折り曲げ方には2通りあるようです。上の写真がU時に折り曲げて挿入する方法ですね。

こちらがカップのふちを内側に折り曲げて挿入するつぼみ型という方法です。先が細くなるので、個人的にはこちらの折り曲げ方の方が入れやすかったです。

詳しい使い方は公式サイトにも書いてありますので、そちらもご覧になってみてください。

最初は不安だったけど、すぐ慣れた。

ローズカップをはじめて見たとき結構大きく感じて不安だったのですが、きちんと折り曲げて「えいっ」という感じで入れたらスムーズに入ってくれました。

その「えいっ」とやるまでになかなか勇気がいりましたけどね。。最初の一日はトイレでしばらく格闘してましたw

サイズが1つしかないので、実際使ってみるまで自分に合うかどうか心配でしたが、日本人女性の体型に合わせて作られている製品だけあって私にもぴったりでした。きちんとした位置に装着できれば違和感はまったくないので快適に過ごすことができますよ。

踏ん張るようにすると、取り出しやすい。

入れるときと同じくらい緊張したのが取るときです・・。説明書に書いてある位置まで入れると、ステム(底にあるしっぽみたいなやつ)が外に出ないので「あとで取れなくなるんじゃないか・・?」と不安だったのですが、ふんっと力を入れて踏ん張るようにすると、ステムがぴょこっと出てきます。あとはそのままカップの中の空気を抜くような感覚で、底をつまむようにすると、スムーズに取り出しやすかったです。

私の場合、取るときに経血が飛び散ることはありませんでしたが、心配な方は浴室で取り外すのがいいかもしれません。指先はどうしても血がついてしまうので、外出先では手袋を持っておくと安心かなぁと思いました。

寝てる時のモレもなし。

普段からあまり寝相がよくないので、寝るときにモレてしまうんじゃないかと心配でしたが、その点も大丈夫でしたね。多い日でもナプキンと併用すればシーツに血がつくようなことはありませんでした。

朝起きてパジャマに血がついている時のガッカリ感はすごいですからね。。朝になって「やばい・・!」と飛び起きてトイレに駆け込むような経験もしなくてすみました。寝ている時もサラサラで快適でしたよ〜。

サニタリーボックスの掃除が楽。

地味に嬉しかったのはこれです。これまで生理のときはタンポンを使っていたので、サニタリーボックスの掃除や消臭を頻繁にしていたのですが、ローズカップに変えてからはナプキン数枚しか捨てるものがなくなったので、掃除が格段に楽になりました。

日常の中の地味なストレスが一つ減ったのは嬉しかったですね。

デメリットを挙げるとすれば・・

実際に使ってみて一点気になったのは、外出先で洗うのが大変そうだなぁということぐらいですね。今回私は家の中でした使わなかったので、トイレにいったあと洗面所で洗うことができましたが、外だとちょっとめんどくさそうだなーと思いました。

説明書によると、外出先では無香料のウエットティッシュ、もしくはペットボトルに入れた清潔な水で洗浄するといいそうです。

装着してから最大12時間使用可能なので、ナプキンと併用して使えばそこまで頻繁に洗浄する必要もないのかな?と思いますが、念のため月経カップをして外出するときは、手袋とペットボトルに入れた水、もしくはウエットティッシュを忘れないようにしましょう。

最後に・・

月経カップは慣れるまで少し手間がかかるかもしれませんが、一度慣れてしまえばとっても快適で、繰り返し使えるのでお財布にもやさしい生理用品です。私自身、最初は半信半疑で使用しましたが、今では「もっと早く使えばよかった・・」と思うほどお気に入りになってしまいました。

  • 繰り返し使える生理用品が欲しい。
  • 忙しくてナプキンを交換できない時がある。
  • 寝ている時シーツに血がつくのが嫌だ。
  • 生理中の匂いや肌のかぶれが気になる。
  • 日本製の月経カップを使いたい。

こんな方には特におすすめ。生理の期間をもっと心地よく前向きに過ごすため活躍してくれるアイテムです。

公式サイトに使い方や取扱方法が書いてありますので、興味のある方はご覧になってみてくださいね。

少しでも参考になれば嬉しいです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。