【結婚4年目】新婚夫婦の生活費はどれくらい?我が家の家計簿とこれから節約していきたいポイント。

スポンサーリンク

 こんにちは、新米主婦の小日向もけです。

今回は結婚4年目、夫婦二人暮らしである我が家の家計簿を公開したいと思います。

「新婚生活の生活費ってどのくらいかかるんだろう?」なんて疑問に思っている方に参考にしていただけたら嬉しいです。

まずは我が家の簡単な紹介から。

  • 結婚4年目
  • 共働き
  • 夫31歳、妻28歳
  • 東京都在住
  • 賃貸(1LDK)
  • 子供なし

こんな感じです。結婚当初は妻である私もフルタイムで働いていたのですが、現在は夫の扶養内で働いています。

ちなみに、住居は首都圏からちょっと離れたところにある1LDKの物件に住んでいます。二人だと狭いかな?と思われがちな1LDKですが、住んでみると結構快適でしたよ。

>>【経験談】新婚・同棲におすすめの間取りは?1LDKに3年間住んで分かったメリット・デメリットなど。

夫婦二人暮らしの我が家の家計簿は・・

家賃 70,000
光熱費 19,000
通信費 14,000
食費(外食費込み) 50,000
日用品費 5,000
おこづかい 20,000
合計 178,000

今年一年の平均をざっくり計算してみたところ、こんな感じになりました。病気をしてしまったり実家に帰省した月はこれよりもっと費用がかさみますが、何もない月はだいたい180,000円くらいの支出になります。

改善したいのは、通信費と食費。

色々と改善したいポイントはあるのですが、特に気になっているのは通信費食費ですね。

スマホは格安SIM(楽天モバイル)に変更予定。

以前は二人ともソフトバンクを使っていたのですが、少し前に夫だけ格安SIM(楽天モバイル)に変更しました。

格安SIMってめちゃくちゃ安いんですね。。私の月のスマホ代が8,000円くらいかかっているのに対して、夫は2,000円程度で済んでいます。

夫に聞いてみたところ、特に不便なこともなさそうなので私も近々楽天モバイルに変更予定です。

私が格安SIMに変更するだけで月6,000円は安くなるので・・やらないと損ですよね。

>> 楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

献立は「広告の品」を見てから考える!

以前は買い物にかかる時間を短縮させるために、「献立を考えてからスーパーに行って、食材を買う」というやり方をしていたのですが、これだとその日安くなっている商品をうまく利用できないなーと思い、今月から「広告の品を見てから献立を考える」に順番を変えました。

それと同時に利用し始めたのが、イトーヨーカドーのネットスーパーです。

「スーパーに行って広告の品を見ながら献立を考える」というのはめんどくさいですし時間もかかってしまいますが、ネットスーパーなら安い商品を探しながら落ち着いて献立を考えることができるので、すごく重宝しています。

先週はこの方法で1週間の食費が5,000円で済んだので、「もっと早くやってればよかった・・!」と思いました。。

現在の我が家の食費は5万円くらいですが、これで−1万円くらいはいけるんじゃないかなーと思っています。



結婚当初は食費に10万円弱使っていました。。

実のところ、結婚当初は月の食費に10万円くらい使っていたこともあるんです・・orz

当時は将来への不安や貯金ができないことに悩み自暴自棄になり、毎週末暴飲暴食していました。。平日も料理を作るのがめんどうで外食やお惣菜に頼りっぱなしのことも多かったです。

もちろん、外食やお惣菜に頼ることが悪いことでは決してありませんが、私の場合何も考えず無計画にお金を使っていたので、貯金がなかなかできず自分で自分の首を絞め続けていました。。

変わったきっかけは、お金に関する本を読んだこと。

さすがに自分でも「このままじゃまずいかも・・」と思い、とりあえずお金に関する本を読みはじめてみることに。これが私が変わったきっかけです。

まずは簡単な家計簿からつけはじめ、収入と支出のだいたいのバランスが把握できるようにしました。そうすると、これから何をすればいいのかがしっかりわかるようになり、漠然と感じていた不安がなくなりました。

少しずつ貯金ができるようになると自信もつき、心に余裕が生まれます。計画的に物事を考えられるようになったことで、次第に無駄な出費も減っていきました。

勉強しながら、上手に節約していこう。

結局これですね。お金がらみのことってめんどくさいことが多いですし、ついつい後回しにしてしまいがちなのですが、お金に興味を持って分からないことは勉強しながら上手に節約できればいいなーと思っています。


小日向もけ

小日向もけ
何か少しでも参考になれば嬉しいです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。