【経験談】新婚主婦の私が在宅ワークをやってみて思うこと。自分の仕事に自信が持てるようになりました。

スポンサーリンク

「結婚後、できれば家で働きたい・・」

慣れない家事と仕事の両立で毎日忙しく過ごしている主婦さんの中には、こんな風に思っている方も多いんじゃないかと思います。

結婚当初の私も、まさにそんな感じでした。

仕事と家事の両立がうまくできず、イライラする毎日。。

仕事が終わり、帰りの電車の中で夕飯の献立を考えながら買い物へ。夕方のスーパーは激混みで、レジ前の長蛇の列を見てぐったり。。クタクタの状態で家に帰ると部屋の中は散らかっていて、イライラしながらご飯を作る。

夫が帰ってきてからご飯を食べて、夫はお風呂へ。私は料理の後片付け。「後でお皿洗うからね」と夫は言ってくれるけどなんだか悪いような気がして結局自分でやってしまう。「こんなんじゃダメだ・・」と思いながら。

こんな毎日でした。

当時の私は派遣社員として働いていたのですが、仕事もあまりうまくいっていなかったので余計にイライラしていた気がします。。

本当は家で働きたい。でも、私にできるはずがない。。

前から在宅ワークに興味があり、ずっと「やってみたいなぁ」と思っていたのですが、自分にはそんな才能はないだろうと勝手にブレーキをかけていました。

転職するとなるとお金のことも不安だし、夫にも賛成されないだろう・・なんて頭の中で勝手に結論を出してしまうんですよね。。自分の中の「やってみたい」という気持ちを閉じ込め、モヤモヤしながら日々を過ごしていたのを覚えています。

思い切って在宅ワークを始めてみることに。

「人生一度きりなんだから、好きな仕事をしてみたい」そう思い、在宅ワークを始めてみたのが今から1年半ほど前のことです。

最初のうちはお金の不安があったので、派遣の仕事と同時にやっていました。といっても平日の仕事が終わってからだとクタクタでやる気が起きないので、週末だけやるような感じです。

そのころは「自分のやりたい仕事ができている」という感覚が私を強くしてくれたのか、前ほど会社に行くのが苦痛ではありませんでした。

在宅ワークにもいろんな種類があります。

  • 記事のライティング
  • イラスト制作
  • バナー・アイコン制作
  • アクセサリー制作
  • WEBデザイナー
  • 翻訳
  • データ入力
  • 内職・軽作業など

在宅ワークと一言に言っても、比較的簡単にできるものから専門的な知識が必要なものまで、色々な種類があります。

その中でも私がやっているのは文章を書くライティングの仕事です。最近は夫に教えてもらいながらwebサイトのデザインなどを行うWEBデザイナーの勉強もしています。

実際にやってみると難しい・・でも楽しい。

小さいころから文章を書くのは好きでしたが、実際に仕事として始めてみると難しいことも多く、戸惑うこともたくさんあります。お金に関しても会社で働いていた時のように毎月決まった額が入るわけではないので、収入はとても不安定。。

「このままで大丈夫かな・・」なんて思うこともありますが、自分のペースでできる今の仕事にやりがいも感じています。

会社で働いていると、誰かの怒鳴る声やイライラしてキーボードを叩く音など、周囲のちょっとした刺激が気になってしまい仕事に集中できなかったので、家で静かに仕事ができる今の環境は私にとって天国のように感じます。

「勇気を出して一歩踏み出してよかった」今は心底そう思っています。

家事も余裕を持ってできるようになりました。

今までは職場の人間関係がうまくいかず家に帰ってもイライラしてしまうこともありましたが、在宅ワークに切り替えてからはそれがなくなり、精神的にも落ち着いたような気がします。

今までは部屋が散らかっていても見て見ぬ振りをしてしまうことが多かったのですが、最近は「少しだけでもやろう」と前向きに動けるようになりました。きっと心に余裕を持てているおかげだと思います。

最後に・・

在宅ワークって何か特別な資格や経験を持った方じゃないとできないものだと思っていたのですが、専門知識のない私でも簡単に始めることができました。

慣れるまでは難しいこともあるかもしれませんが、「家で仕事をしてみたい」という主婦さんにはぜひチャレンジしてみてほしいです。

少しでも参考になれば嬉しいです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

在宅ワークを始めるなら「クラウドワークス」

在宅ワークのマッチングサービスとして有名なのがクラウドワークスです。まずは週末や家事の合間の隙間時間を利用して、在宅ワークを始めてみませんか?

簡単に登録できますので、興味がある方はぜひ使ってみてください。