【作り方】100均の羊毛フェルトでリボンのヘアゴム作りに挑戦!簡単にかわいいヘアゴムができました。

スポンサーリンク

こんにちは!最近ハンドメイドにハマっている小日向もけと申します。

先日、100均に売っている羊毛フェルトキットを使ってリボンのヘアゴムを作ってみたらなかなかかわいくできたので、今回はその作り方を書いていきたいと思います。

安い材料で簡単にできるので、「ヘアアクセサリー作りに興味がある!」って方は、ぜひ作ってみてください。


小日向もけ

小日向もけ
ではでは、早速説明していきますね。

100均の羊毛フェルトでゴム作り!材料はこちら。

  • ダイソーの羊毛フェルトキット(ゾウ)
  • 羊毛フェルトマット
  • 裁縫セット
  • ヘアゴム

材料はこちらの4つです。

羊毛フェルトキットはダイソーに売っているゾウさんのものを買ってきました。中には羊毛フェルトとニードルがセットになっています。他にも色んなキットがあったのですが、フェルトの色味がかわいかったのでゾウさんのものを選びました。

羊毛フェルトマットは、以前買ったデアゴスティーニの「ニードルフェルトでねこあつめ」に入っていたものを使っています。持っていない場合は台所用のスポンジで代用してもいいと思います。

>>【口コミ】デアゴスティーニの「ニードルフェルトでねこあつめ」は難しい?実際に挑戦してみました!

あとは裁縫セット(100均にも売ってます)と、ヘアゴムが用意できれば材料の準備はOKです。

※指にニードルを刺してしまうとすごく痛いので、指サックもあると安心です。

早速作ってみよう。

ではでは、実際に作っていきたいと思います。

今回私が作りたいのはこんな感じのヘアゴムです。作りながら混乱しないように、先にイメージを紙に書いておきました。

色んなデザインを考えたんですが、最初なので簡単にできるデザインにしました。今度はストライプとかドット柄にも挑戦してみたいなぁ。

まずはリボンを作ります。

まずは青いフェルトを使い、リボンを作っていきます。

今回はリボンを作りたいので、真ん中の部分がくぼむようにニードルで形を作り・・

真ん中の部分をニードルで刺しながら形を作っていきます。

横の部分もニードルで平らにしていきます。

だんだんと平らになってきたら、指に刺さないように注意しながら、側面もニードルで綺麗にしていきます。

裏面も同様に刺していると、だんだんと形ができてきました。リボンは大体こんな感じでいいかなぁ。

リボンができたら、糸でヘアゴムとくっつけます。

リボンができたら、早速ヘアゴムに縫い付けていきます。

表から糸が見えないように注意しながら裏面に縫い付けます。私は今回白の糸を使いました。

縫い終わったらこんな感じになりました。

白いフェルトで縫い目を隠し、リボンは完成。

次に白いフェルトを少量用意し、縫い目を隠していきます。

こんな感じでリボンの真ん中の部分に巻いて・・

ニードルで刺しつけていきます。

裏面はこんな感じになりました。

表面はこんな感じ。だいぶリボンっぽくなったんじゃないかと思います。

ピンクのフェルトで小さなボールを作ります。

リボンが付いたら次はピンクのフェルトで小さなボールを作ります。

ボールができたら、リボンと同様にゴムに縫い付けていきます。

しっかりと縫い付けて・・

こんな感じでOK。あとでフェルトで隠すので多少雑でも大丈夫です。

ピンクのフェルトで縫い目を隠します。

ピンクのフェルトを少量使って、縫い目を隠します。

ニードルで刺しつけて・・

これで完成です!ゴムはもうちょっと細くてもよかったかなぁ。でもいい感じに仕上がってくれました。

髪につけるとこんな感じ。部屋着に合わせるとかわいいかも。

実際に髪を結んでみると、こんな感じになりました。

29歳の私が身につけるには若干かわいらしすぎるような気もしますが・・ジェラートピケのようなふんわりとした部屋着に合わせるとかわいいので、部屋の中で身につけるヘアゴムとして使ってもいいんじゃないかなぁと思います。

最後に・・

ハンドメイドのアクセサリーって自分で作るのは難しそうなイメージがありますが、羊毛フェルトを使えば簡単に、しかもお安く作ることができるんです。

世界に一つだけの自分だけのヘアゴム。自分用にはもちろん、お子さんやお友達にプレゼントしても喜ばれるんじゃないかと思います。

一回作り方を覚えてしまえば配色や模様を変えて色んなパターンを作ることができるので、「羊毛フェルトでアクセサリーを作ってみたい!」という方はぜひチャレンジしてみてくださいね。


小日向もけ

小日向もけ
少しでも参考になれば嬉しいです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。