【口コミ】エスプリーク「CCベースモイスト」がまるでファンデのよう。毛穴もカバーしてくれます【29歳・乾燥肌】

スポンサーリンク

こんにちは、小日向もけと申します。

先日エスプリークの保湿化粧下地「CCベースモイスト」のミニサイズをゲットしたので、今回ちょこっとご紹介したいと思います。


引用:エスプリーク

秋冬の化粧下地選びの参考にしていただけたら幸いです。

エスプリーク「CCベースモイスト」

中身はこんな感じ。見た目はもはやリキッドファンデですが、ほんのりピンクがかった色をしています。

テクスチャーはみずみずしく、伸びもいいです。特徴的なのはカバー力かなぁ。小鼻の黒ずんだ毛穴をしっかりとカバーしてくれました。

「毛穴が隠れる」「顔色が明るくなる」と口コミでも人気です

@コスメでは、現在☆4.7となかなかの高評価。

口コミでは「毛穴がカバーされた!」「顔色が明るくなる!」などの肯定的な意見が多かったですが、一方で「赤みが強すぎ」「保湿力が足りない」といった口コミも目立ちました。

値段は30gで2,980円

お値段はAmazonだと現在2,980円でした。

正規品は30gですが、10gのミニサイズのものもあるので、「試しに使ってみたい!」って方はまずはそっちを使ってみてもいいかも。

紫外線防止効果はSPF50+・PA++++

保湿系下地にしては、紫外線防止効果がめちゃくちゃ高いんですよね。これもこの下地の大きな特徴かなと思います。

私は正直「ここまで高くなくてもいいかな・・?」と思ったのですが、ファンデの代わりとして使う分にはありがたいですよね。

適量・使い方は?

使用量の目安は、およそ直径8mmくらい。指先にとり、顔全体にムラなく伸ばします。

カバー力がある分ヨレやすいので、よく動く目や口の周りはうすーく重ねるといいと思います。

実際に使用してみた感想

ナチュラルメイクならこれだけでベースが完成する

↑上の画像はすっぴんの肌と、今回ご紹介した「CCベースモイスト」を使用した肌、そしてエスプリークの新商品「リキッドコンパクトBB」を使用した肌を比べたものです。

こうして写真を並べてみると、CCベースモイストのカバー力がよくわかりますね。すっぴん肌の色ムラや小鼻の赤みをキレイに隠してくれています。

最近は近所に買い物に行くくらいなら、CCベースモイストの上に軽くフェイスパウダーを重ねて出かけることも多いです。「ナチュラルメイクが好き」って方にはファンデとして使うのもおすすめ。

保湿力も問題なし

私は夏でもワセリンが手放せないほどの乾燥肌なのですが、空調のガンガンにきいた部屋で長時間仕事していても、特に乾燥は気になりませんでした。

ただ、空気の乾燥する真冬に使ったわけではないし、口コミの中には「保湿力が足りない」なんて意見もあったので、肌が乾燥しやすい方はスキンケアでしっかり保湿してから使うことをおすすめします。

カバー力の高いファンデと合わせると崩れやすい・・

私が感じたデメリットはこれです。この下地だけでベースを仕上げた日はそれほど崩れないのですが、上からカバー力の高いファンデを重ねた日は結構崩れます。。

化粧崩れといっても「鼻周りが少しテカる」くらいなら全然いいんですが、目元や口元などよく動く部分がパサついてファンデが浮いてしまうんですよね。。

もちろん人によるとは思いますが、カバー力のあるファンデと一緒に使うときは下地を薄めにしたり、上から重ねるファンデの量を少なめにするなど調整した方がいいかなと思います。

最後に・・

今回はエスプリークの「CCベースモイスト」を使ってみた感想でした。

他の記事でマキアージュやプリマヴィスタ、コフレドールの秋冬向けベースアイテムと比較してみた記事なんかもありますので、合わせて参考にしていただければ嬉しいです。

>>【秋・冬用】マキアージュとエスプリークの保湿化粧下地&リキッドファンデを比較してみたよ。【29歳・乾燥肌】

>>【秋冬用】エスプリークとプリマヴィスタの保湿下地&ファンデを比較してみた口コミ【29歳・乾燥肌】

>>【秋冬用】コフレドールとエスプリークの保湿下地&リキッドファンデを比較してみた口コミ【29歳・乾燥肌】

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。