【口コミ】赤ら顔でお悩みの方におすすめ!ブルーの化粧下地おすすめ3つをご紹介します【透明感・色白肌】

スポンサーリンク

「顔の赤みを消したい・・」

「色ムラをなくし、均一な色白肌になりたい・・」

今回は、そんな方におすすめのブルーの化粧下地をタイプ別に3つご紹介します。

どれも顔の色ムラに悩んでいる私が普段から実際に使用しているものです。値段もそんなに高くないので、下地選びの参考にしてみてください(*´ᴗ`*)♪

ニキビ・肌荒れで悩んでいる方へ

「肌荒れを隠したい」「ニキビをこれ以上悪化させたくない」という時によく使用しているのが、dプログラムの「薬用スキンケアベースCC」です。

dプログラム「薬用スキンケアベースCC」

薬用有効成分が配合されており、メイクしながら肌のケアまでしてくれるという優れもの。

紫外線吸収剤が入っていないので、肌が敏感で荒れやすいという方にもおすすめです。

色味はベージュとピンクとブルーグリーンの3色あるのですが、私が持っているのはブルーグリーンのもの。ちょっと緑がかったブルーって感ですね。

手に塗ってみるとこんな感じ。テクスチャーは結構こっくりとしていて、下地というよりは高保湿のクリームに近いです。

色補正力が抜群!カバー力も◎

CCクリームなので、赤みを消す力はすんごく高いです。今回ご紹介する3つのアイテムの中では一番透明感のある色白肌に仕上げてくれます。

おまけに付け心地がとっても軽いので、化粧品を塗ってる感じがしません・・!これで肌荒れケアまでしてくれるんだから、本当にすごい。

一点注意としては、しっかりと赤みを消してくれる反面塗りすぎると白っぽくなってしまうので、少量ずつ調節しながら塗り広げるといいと思います。

「肌の赤みをがっつり隠したい」という方には間違いなくこちらをおすすめします◎

公式「薬用スキンケアベースCC」を見てみる→

皮脂テカリで悩んでいる方へ

プチプラで皮脂に強い化粧下地といえば、ズバリこれですよね。

セザンヌ「皮脂テカリ防止下地」

特徴的なのはやっぱり値段かな。なんと648円で購入できてしまいます。

それなのに化粧崩れに強く、ファンデのノリもよくしてくれるのでコスパがめちゃくちゃ高いですね。

手に塗ってみるとこんな感じ。ゆるめでシャバシャバとしたテクスチャーなので、伸びはとてもいいです◎

色味補正力やカバー力はdプログラムの下地ほどではないものの、透き通るような透明感はしっかりと出してくれました。

テカリにくいけど、乾燥もしにくい◎

この下地、テカリにくいのはもちろんなのですが、不思議と乾燥もしにくかったんですよね〜。

真冬に使用しても乾燥しにくかったので、季節問わず一年中使用できるアイテムだなと思いました。

赤みを隠す力はそんなに高くないんだけど、肌のトーンはしっかりと上げてくれます。

「肌の透明感を上げつつ、テカリも抑えたい」って方におすすめのアイテムです。

セザンヌ「皮脂テカリ防止下地」を見てみる→

乾燥肌で悩んでいる方へ

続いてもセザンヌの下地です。

セザンヌ「UVウルトラフィットベースN」

こちらも680円というお安さのアイテムです。肌色を補正しつつ、一日中肌を潤わせてくれるので乾燥肌の方におすすめ。

手に塗ってみるとこんな感じ。テクスチャーは乳液のような感じで、するすると伸びてくれます。

dプログラムのCCクリームほどではないですが、肌の赤みを程よく目立たなくしてくれます。白くなりすぎないから「白浮きすると嫌・・」って方でも使いやすいんじゃないかなぁ。

肌の凸凹を補正しなめらかにしてくれるので、化粧ノリもとてもよくなりますよ。

しっとり潤い、ほんのりツヤも◎

この下地の特に好きなところは、なんといっても保湿力があること。そしてほんのりツヤのある肌に仕上がるところです。

一日中ずっと肌が乾かないから、空気が乾燥する冬場には最適◎

画像だとちょっとわかりにくいんですが、肌のトーンをパッと明るくしてくれる効果もあります。

「自然な色白肌」って感じに仕上がるので、白浮きをあまり気にしなくていいのも嬉しいポイントですね。

紫外線吸収剤不使用なので、肌が荒れやすい方にもおすすめです。

セザンヌ「UVウルトラフィットベースN」を見てみる→

最後に・・

今回は私がおすすめするブルーの化粧下地を3つ、ご紹介しました。

ちなみに、私が一番よく使用しているのは最初にご紹介したdプログラムのCCクリームです。赤みをキレイに消してくれますし、色ムラもカバーされるので、均一な色白肌にしてくれますよ(*´ᴗ`*)♪

公式「薬用スキンケアベースCC」を見てみる→

自分に合う下地選びってなかなか難しいですが、少しでも参考になれば嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。